「非同盟」資料室    

世界の動き・
「非同盟」
「非同盟」 資料室
世界の動き「非同盟」TOP 内外の動き 非同盟運動の歴史 非同盟運動の参加国・組織


「非同盟」資料室     =非同盟運動の歴史=
非同盟運動
の誕生
非同盟運動
前史から
平和5原則
一目でわかる
非同盟運動
の流れ
20世紀と
21世紀初めの
世界比較
非同盟諸国
首脳会議
非同盟諸国首脳会議 関連ページ
首脳会議
前史(1)
首脳会議
前史(2)
1961.9
第1回首脳会議
1964.10
第2回首脳会議
1970.9
第3回首脳会議
1973.9
第4回首脳会議
1976.8
第5回首脳会議
1979.9
第6回首脳会議
1983.3
第7回首脳会議
1986.9
第8回首脳会議
1989.9
第9回首脳会議
1992.9
第10回首脳会議
1995.10
第11回首脳会議
1998.9
第12回首脳会議
2003.3
第13回首脳会議
2006.9
第14回首脳会議
2009.7.11-16
第15回首脳会議
2012.8.30-31
第16回首脳会議



非同盟諸国首脳会議


第1回非同盟諸国首脳会議の開催

  
1961年6月、ユーゴスラヴィアのベオグラードで第1回非同盟諸国首脳会議が開催されました。

 参加国は、アフガニスタン、ビルマ(現ミャンマー)、カンボジア、セイロン(現スリランカ)、インド、インドネシア、ネパール、ガーナ、ギニア、マリ、モロッコ、アラブ連合、アルジェリア、エチオピア、ソマリア、スーダン、イラク、サウジアラビア、キューバ、ユーゴスラヴィア、キプロ
ス、レバノン、チュニジア、コンゴ、イェーメンの25カ国でした。


 非同盟諸国首脳会議は、1961年の第1回首脳会議以降、15回開催されています。ほぼ3年おきの開催となっています。

 非同盟運動は、冷戦構造の終結、停滞期などを経て、第13回クアラルンプール首脳会議では、その存在感を世界に示しました。

 
当初25カ国だった加盟国も、第15回の首脳会議では、118カ国とほぼ5倍に増加しています。


   ◎現在の参加国・組織は「非同盟運動参加国・組織」のページ
   首脳会議開催

日本AALAと非同盟諸国首脳会議


  
非同盟諸国首脳会議への参加・構成は、加盟国だけでなく、オブザーバー組織とゲスト組織も出席が可能です。

 

AAPSOの一員としてオブザーバー参加

【オブザーバー組織】
 
非同盟諸国首脳会議の政治、経済委員会などの委員会には参加できないが、委員会以外の高級実務者会議(各国の国連大使による会議)、外相会議、首相・大統領による会議に参加、発言の資格をもつ。

  
アジア・アフリカ人民連帯機構 (AAPSO)は、カイロに常設書記局のある、植民地からの独立、解放運動を支援、連帯してきた国際組織で、非同盟諸国首脳会議のオブザーバー組織です。
 日本AALAは、AAPASOの常設書記局メンバーで、AAPSOの創立を決めた第1回アジア・アフリカ諸国民会議(1958年1月、カイロ)に参加しました。
 従って日本AALAはAAPSOのメンバーとしてオブザーバー参加しています。



第12回非同盟諸国首脳会議でゲスト組織に


【ゲスト組織】
 非同盟諸国首脳会議開催の都度、調整ビューローによりゲストとして招待されるが、常設の資格ではない。開会式と閉会式だけに出席できるが、討議の場に参加はできない。


 日本AALAは、第12回非同盟諸国首脳会議で、日本のNGOとして初めて首脳会議のゲスト組織に登録されました。


非同盟諸国首脳会議への直接参加

★ 第13回非同盟諸国首脳会議(2003年2月、クアラルンプール、マレーシア)にAAPSO代表団のメンバーとして、またゲスト組織の資格を活かして、全労連、農民連、日本原水協、国会議員(日本共産党)が参加しました。
  日本の民主運動、非同盟運動、双方にとって初めてのことでした。


★ 第14回非同盟諸国首脳会議(2006年9月、ハバナ・キューバ)にAAPSO代表団のメンバーとして参加しました。

★ 第15回非同盟諸国首脳会議(2009年7月、シャルム・エル・シェイク:エジプト)にAAPSO代表団のメンバーとして参加しました。

★ 第16回非同盟諸国首脳会議(2012年8月、テヘラン:イラン)にAAPSO代表団のメンバーとして参加しました。



 

                    

  20C・21C比較   非同盟参加国・組織