「慰安婦」問題 HOME
 
「慰安婦」
問題とは
国連・各国議会・
国内議会等の
決議等採択
慰安婦」問題
での動き・
AALAとりくみ
大阪AALAの
取り組み

 大阪AALAの取り組み  目次
2013.5.15
橋下維新代表・大阪市長の「慰安婦必要」発言撤回求めて抗議文送付

2012.8.22
橋下氏は発言撤回を
「慰安婦」問題で抗議
2012.6.26
映画『終わらない戦争』を鑑賞し、
今後のとりくみを考えるつどい
2011.5.11
日本軍「慰安婦」問題の
早期解決をめざす
大阪のつどい
2010.11.25
61万余筆の署名
日本政府・国会に提出
2010.10.13
大阪市会で
意見書採択される!
2010.8.11
「慰安婦」問題早期解決
世界連帯同時水曜デモ
2009.11.28
インドネシア元「慰安婦」
証言と講演のつどい
2009.10.13
提出の陳情書
大阪市会で「継続審議」に
 
2009.9.30
大阪市会に
陳情書提出
2009.5.14
「可決させる会」解散
ご報告とお詫び
2009.4.24
被害者証言集会

2009.2.26
大阪市議会で
意見書を可決させる会
出発集会
大阪市議会で
意見書を可決させる会
出発集会を予定

2008.9.14戦争はいやや
西区平和展
2008.5.6
9条世界会議in関西
 
3.8 2008国際女性デー
でアピール行動
 
3.1「従軍慰安婦」問題
映画と講演のつどい
 
2.1 一刻も早く解決を
四ッ谷副理事長訴え
2007.9.28-10.1
韓国平和・交流の旅
ナヌムの家訪問
2007.9.23 西区平和展で
「慰安婦」問題展示
2007母親大会で
アピール行動
請願署名展開中
 大阪AALAの取り組み 別冊べージ
09.2.10
インドネシアの旅・報告
日本軍「慰安婦」被害者
との交流
09.11.28
インドネシア元「慰安婦」
証言と講演のつどい
 

 
   大阪AALAの取り組み 

 
2013.5.15
橋下日本維新の会代表・大阪市長の
「慰安婦必要」発言断じて許せない!!
四ッ谷 光子

発言撤回求めて大阪AALA抗議文送付



 5月13日「慰安婦制度は必要だった」と慰安婦制度を正当化する橋下大阪市長の発言。絶対に許すことはできません。沖縄の米軍に風俗の利用をすすめたことだけは取り消しましたが、「マスコミの誤解」「国民の読解力不足」と居直る姿勢。
 日本だけでなく、国際的にも厳しい批判と謝罪、取り消しを求める声が連日湧き起こっています。
 女性の尊厳を否定し侮辱する発言ですが、男性への侮辱でもあります。正しい歴史認識もなく、安倍首相の侵略戦争否定にも同調するなど、公党のトップ、大阪市長として許されざる発言です。
 橋下氏は「強制の証拠はない」などといっていますが、韓国「ナヌムの家」で、インドネシアで涙ながらに訴えられた被害者の具体的な話を、顔を上げて聞くことができませんでした。こうした制度が侵略戦争をすすめる道具として使われ、10万とも20万ともいわれる少女たちを性的奴隷としたことが問題なのです。
 被害者はすべて高齢で、人権も名誉の回復もないままに計報が続いています。何よりもいま必要なのは、日本政府が謝罪し、補償をすることです。
 この問題は憲法改悪にもつながる問題であり、厳しく断罪されなければなりません。


 2013年5月15日、大阪AALA、日本軍「慰安婦」問題の早期解決をめざす大阪の会は下記の抗議文を送付しました。

 橋下日本維新の会共同代表・大阪市長殿

   「慰安婦は必要」の発言は絶対許せない!発言の撤回と謝罪を要求する
                   大阪府アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会

   「慰安婦は必要」の発言は
   正しい歴史認識もなく人間の尊厳も否定するものであり断固抗議する
                 日本軍「慰安婦」問題の早期解決をめざす大阪の会


2012.8.22
橋下氏は発言撤回を
大阪AALA 「慰安婦」問題で抗議



  2012年8月21日、橋下大阪市長が「慰安婦」問題に関して「強制の事実について確たる証拠はない」と発言したことに対し、大阪AALAは8月22日、橋下大阪市長あてに抗議文を送付しました。
  抗議文の要旨は「政府は、内外の追及に1993 年調査を行い、「軍の関与があったことを認めて謝罪し、そして政府の責任で何らかの措置をとらなければならない」という河野官房長官談話を発表した。
   しかしその後、あのアジア・太平洋戦争をアジアの解放のためであったとし、侵略戦争であることを否定する勢力や、右翼団体の圧力で、政府は「サンフランシスコ条約と日韓条約で法的責任は解決済み」という態度で、教科書からも「慰安婦」の言葉をなくすことや、10 件に及ぶ被害者の控訴も棄却させてきた。
   私たちは、日本軍「慰安婦」問題の責任をはっきりさせることが、侵略し被害を与えたアジア諸国と対等平等に国際関係を結ぶためにも重要だと考えている。
   貴殿の発言は、歴史的事実をただ「強制の証拠はない」として人権侵害の日本軍「慰安婦」問題を無きものとしようとするものであり断固糾弾する。」という内容です。

  8月22日、大阪AALAが橋下大阪市長あてに送付した抗議文全文


2012.6.26
映画『終わらない戦争』を鑑賞し、
今後のとりくみを考えるつどい」を開催


 2012年6月26日、日本軍「慰安婦」問題早期解決をめざす大阪の会は、大阪市内において、「映画『終わらない戦争』を鑑賞し、今後のとりくみを考えるつどい」を開催いました。

  「終わらない戦争」は5人の被害者の証言によって、日本政府と日本軍があの侵略戦争の中で、いかに女性の人権をふみにじる行為をしたかが分かりやすく表現されています。
 証言者の一つひとつの言葉が強烈に心に響きます。
 日本が国際社会と対等にかかわり、どのような進路をとるかを考えるとき、この間題の早期解決がいかに重要かを改めて学びました。

 鑑賞後の討論では、大阪AALAの沖縄ツアーで見てきた、沖縄戦で亡くなった「慰安婦」や強制連行され日本軍の軍夫とされ亡くなった朝鮮人の碑「恨〈ハン〉の碑」のこと、「慰安婦」「住民虐殺」の文言を県が一方的に削除した首里城公園にある第32軍壕の説明板について、四ッ谷副理事長が報告しました。
 
 討論で、「この映画を普及し『慰安婦』問題を知ってもらい、運動を広げよう」「9月15日、16日に行われる、大阪社会フォーラムで大阪AALAがワークショップを計画しているのなら『大阪の会』と共催でこの映画を上映してはどうか」という意見が出されました。
 また、2月から毎月実施している「街頭宣伝」をこれからも続けていくことを確認(原則として第2水曜日)しました。
 さらに「慰安婦」問題の学習会をきめ細かく実施し、市町村議会における政府への「早期解決を求める『意見書』」採択のとりくみを前進させることも確認しました。


2011.5.11
日本軍「慰安婦」問題
早期解決へのとりくみ前進で決意
大阪のつどい開催


 2011年5月11日(水)、大阪市内において、日本軍「慰安婦」問題の早期解決をめざす大阪のつどいが開催されました。

 つどいは、大阪AALA作成による映像とナレーションで、日本軍「慰安婦」問題の起こりとこれまでのとりくみを振り返り、シャンソン”祖国と友だち『慰安婦』の唱”につづいて、中国人「慰安婦」訴訟の弁護団長の大森典子弁護士から「日本軍『慰安婦』問題とは、これからどうとりくむか」の講演を受けました。

 さらに意見交換をつうじて日本軍「慰安婦」問題とはどのようなことなのかその歴史をふりかえり、早期解決へのとりくみを前進させる決意のつどいとなりました。
 つどいの主催は大阪AALAも参加する「日本軍『慰安婦』問題の早期解決をめざす大阪の会でした。



2010.11.25
61万余筆の署名
日本政府・国会に提出


被害者3人のハルモニ、韓国国会議員なども参加
日本軍「慰安婦」問題の立法解決を求める
国際署名提出行動に参加して


 大阪AALA:米澤理事



 政権交代を受けて(注:民主・共産・社民3党議員立法の解決方案は野党時代8回提出、しかし、民主党政権になってから一度も提出できていない)、日本・韓国・その他国際社会でこの問題の解決にむけて、昨年から幅広い呼びかけ人による緊急署名運動が、人口の1%を目標におこなわれてきました。

 先日の大阪市会の「慰安婦」問題の早期解決に関する意見書採択を励みに、短期間でありましたが取り組みました。
 ナヌムの家を訪問し水曜集会に参加した大退教の韓国ツアーや旭区平和委員会ツアーのグループも署名を寄せてくれました。旭平和委員会の77筆は集会前日に連絡があり、私が持って行きました。
 日本154,811筆(目標120万)、韓国40,613筆(目標50万)、フィリピン10,494筆、ドイツ・アメリカなど国際署名5,546筆 韓国はがき運動20885枚など最終的に(日本市民の署名は当日も持ち込まれて)610,832筆を提出、民主党藤田議員ら11名が大島官房秘書官に手渡しました。
 
 集会では韓国の国会議員李美卿(イミギョン)(民主党)が挨拶し、韓国国会議員177人の与野党議員の署名を持ってきているが提出を直接受け取る体制が日本の側に約束されていない、と報告しました。

 在日の被害者宋神道(ソンシンド)さんを含む3人が訴え、共産、社民 民主の各党から挨拶、議員7人、秘書13人が参加しました。衆議院議員会館の外では右翼の人たちのがなりたてるなか、大会議室は全国から参加した370人の熱気で包まれました。

 沖縄ではイハ洋一さんが接戦で敗れはしましたが、統一連は幅広く連帯して闘い、大きな運動をつくりました。
 「慰安婦」問題解決への運動ももう一息連帯がすすめば、長い間マイナーな運動であったこの課題も、歴史を深く問い直して21世紀の人権・民主主義・平和をつくる運動のなかで大きな役割を果たすのではないかという予感、希望のある予感がしています。


2010.10.13
大阪市会で
意見書採択される!



 大阪AALAでは、大阪市会での意見書採択を、一昨年からとりくみ、昨年9月陳情書を提出しました。
 しかし、継続審議となり、引き続き今年3月、5月、9月に陳情書を提出しましたが継続審議となっていました。

 こうした中、10月に入り共産党、民主党から意見書が提出され、両党の共同提案として10月市会に提出が決まり、10月13日本会議で賛成多数で採択されました。
 粘り強くとりくんできたことが、こうした結果となり本当にうれしいことです。

 いま、府下の市町村に広げようと、「『慰安婦』の早期解決をめざす大阪の会」として10月14日に交流会も持ち、いま具体的にすすめています。
 「慰安婦」の方々は高齢化され、亡くなられる方が次々です。本当に早期解決が求められています。

   大阪市会で採択された
    日本軍「慰安婦」問題の早期解決に関する意見書
 

2010.8.11
「慰安婦」問題早期解決に向けて
8.11「世界連帯同時水曜デモ」

大阪集会 決 議


 きょう私たちは、ソウル日本大使館前で毎週おこなわれている日本軍「慰安婦」問題解決のための「水曜日デモ」930回目8月11日を、韓国併合100年の年という重要な年にあたり「世界同時連帯水曜デモ」とすることが「韓国挺身隊対策協議会」から呼びかけられました。その呼びかけに応え、大阪集会をひらきました。
 韓国併合によって韓国を植民地とした日本政府と日本軍はあらゆるかたちで、朝鮮人の人権を無視し続けました。その韓国植民地を足がかりに中国への侵略を開始し、アジア・太平洋戦争を起こしました。
 このアジア・太平洋戦争による侵略戦争において、兵士の「性的慰安」と「性病対策」を目的として、韓国をはじめ侵略したアジアのほとんどの地で女性を「慰安所」に閉じ込め、レイプを繰り返しました。被害者は十数万とも数十万人ともいわれ、直接政府と軍が関与した世界でも異例な戦時性的暴力です。
 1991年韓国の金学順(キムハクスン)さんが訴えを起こしたことをきっかけに、93年河野官房長官が「お詫びと反省」の談話を発表しましたが、しかし政府は戦後補償は終了しているとして個人補償は行ないませんでした。
 その後、07年安倍首相が「狭義の強制はなかった」「河野談話を見直す」と述べて大問題となり、アメリカ下院が「日本政府に反省と謝罪を求める決議」をしました。さらにカナダや欧州議会など次々決議があがりました。
 日本でも現在29の自治体で日本政府に問題の誠実な解決を求める「意見書」が採択されています。
 被害者の高齢化がすすんでいるなか、早期の解決が求められています。私たちは、きょうの集まりを機に、「慰安婦」問題をさらに多くの人々に伝え、政府に対する意見書が大阪市をはじめ圧倒的な市町村で採択されるようとりくみ、一日も早い「慰安婦」問題の解決をすすめることを決議します。
 きょうソウルで行なわれている930回目の水曜デモに呼応して。

       2010年8月11日 8.11「2010世界連帯同時水曜デモ」大阪集会


2009.11.28
インドネシア元「慰安婦」
証言と講演のつどい



 2009年11月28日(土)、大阪AALAは主催で、インドネシア・元「慰安婦」スハルティさん・研究者エカさんをお招きしての「証言と講演のつどい」を大阪市内において開催しました。多くの皆さんのご参加をいただきました。


2009.10.13
日本軍「慰安婦」問題早期解決のため、
日本政府に対する意見書採択を求める陳情書
大阪市会で継続審議

引き続きとりくみを継続します


  2009年9月30日、先に大阪市会に提出した陳情書と署名について、10月13日の財務総務委員会が審議しました。大阪AALAは、モニターでの傍聴となりました。

 陳情書については趣旨説明はなしでしたが、同時に日本共産党から「政府に対して、村山談話の内容についてその内容の確認と見解を明らかにすることを求める」意見書が提出され、井上共産党議員が、私たちが提出した陳情書の趣旨の全てを使って趣旨説明し、「慰安婦」問題の早期解決の必要を延べ、意見書と陳情書の採択を主張しました。

 委員会は、意見書、陳情書とも「継続審議」としました。

 こうした一団体が提出した陳情書は否決か持ち帰りで消えてしまうことが多く、「継続審議」になったことは異例とのことで、政治情勢も反映していると思います。
 今後もこのとりくみを継続し、意見書採択にむけとりくんでいくことになりますので、ご協力お願いいたします。


2009年9月30日
大阪市会に陳情書を提出


<2009.10.1大阪AALA機関紙NO.440から>
   「慰安婦」問題早期解決のとりくみ 署名ご協力ありがとうございました。

    2009年9月30日、大阪市会に署名5564筆を添え、政府に早期解決を求める意見書を採択し提出を求める陳情書を提出いたしました。

 今年度(2009)2月から本格的にとりくみました、大阪市会での日本政府へ日本軍「慰安婦」問題の早期解決を求める意見書採択のとりくみ、多くの方々のご協力で9月議会に陳情書を提出することができました。
 提出時、市会事務局の方は、この内容の陳情は担当部暑がなく、総務課が一応対応するとのこと。審議は説明する部署がないので議員だけの判断でやるようです。10月13日が審議ですのでモニターでしか傍聴できないようですが傍聴したいと思います。なかなか採択は難しい情勢のようです。否決にならないようにして、継続審議になるようにし、引き続きとりくみを発展させ、自公政権が後退した情勢のもとで全国的なとりくみとも手をつなぎ、意見書採択の手がかりを掴みたいと思います。引き続きご支援お願い致します。


大阪市会 議長様

  日本軍「慰安婦」問題早期解決のため、
  日本政府に対する意見書の採択・提出に関する陳情書

【陳情趣旨】前文略
 日本国内でも、宝塚、箕面、札幌、福岡、京田辺、清瀬、三鷹、小金井の各市議会が意見書を採択しています。
 被害者の方々はすでに高齢となられ、人権を踏みにじられたまま多くの方が亡くなられています。日本政府の公式謝罪と補償は一刻の猶予もならない焦眉の課題です。
 東南アジア友好協力条約にアメリカも正式加盟をはたし、EUも加盟する動きとなっているように、アジアを中心とする平和・非同盟の新しい国際秩序が大きな流れとなっているいま、我が国がアジアの一員として諸国民との友好関係を築き、名誉ある地位を占めるうえで、「慰安婦」問題の解決は避けて通ることのできない重要課題です。
 ここに、以下の通り、大阪市会において、日本政府に対し「慰安婦」問題の早期解決を求める意見書を採択されるよう陳情いたします。
                              2009年9月30日
【陳情事項】
日本軍「慰安婦」問題の以下の項目を、日本政府が早期に解択するよう要請する意見書の採択と日本政府への提出
1.日本軍「慰安婦」問題の真相を糾明すること。
2.日本軍「慰安婦」被害者に対して、公式に謝罪し、この方々の尊厳を回復すること。
3.日本軍「慰安婦」被害者に対して、国家として補償すること。
4.日本軍「慰安婦」問題を歴史教科書に記述すること。


  2009.5.14
大阪市議会で
日本軍「慰安婦」問題の早期解決をめざす
意見書可決のとりくみについて

ご報告とお詫び
そして今後のいっそうのご協力のお願い



   2009年4月24日「可決させる会」として”大阪証言集会”を150名を超える参加で行うことができ、また、14名の呼びかけ人、25の賛同団体、160名の賛同人、そして6000筆を超える署名をいただきました。

 しかし、2009年3月末、「ある団体を呼びかけ人に入れないと運動が進まない、その団体に反対する人がいる団体とは一緒に運動できない」との意見がだされました。

 「団体は賛同団体として協力を得ることで進めてきたこと」など、双方話し合いましたが、5月14日をもって「大阪市議会で日本軍『慰安婦』」問題の早期解決をめざす意見書を可決させる会」は解散することになり、今後各々で運動を進め、市議会へは同時に出す方向で連絡を取り合うといことになりました。

 5月市会は、議員との相談で、会期も短く「可決」のための条件が難しいとのことでしたので、9月をメドにさらに運動を広げることにいたしました。
 いろいろご協力いただいた皆様には申し訳ありませんでした。お詫びを申し上げます


AALAでは、
「日本軍『慰安婦』問題の早期解決をめざす大阪の会」として
引き続き、
大阪市議会での意見書可決を求める署名、
国への請願署名などとりくむ

  署名のご協力ありがとうございました。これまでの署名も引き続き集約しています。
 AALAでは、「日本軍『慰安婦』問題の早期解決をめざす大阪の会」として引き続き、大阪市議会での意見書可決を求める署名、国への請願署名などとりくんでいきますので、ご協力よろしくお願い申し上げます。なお、国会請願署名3000筆は日本AALAに送付しました。



 2009.4.24
4.24大阪証言集会
大阪市議会で「日本軍」問題の
早期解決をめぎす意見書を可決させる会



 日本軍「慰安婦」問題早期解決をめざし、「4. 2 4証言集会」は、大阪市中央区中之島・中央公会堂小集会室で150 名を越える参加で行いました。

 残念ながら慰安婦被害者のキルハルモニは体調をくずされ、これませんでしたがビデオメッセージと韓国挺身隊問題協議会のヤン・ノジャさんの講演を聴きました。



2009.2.26
2.26出発集会ひらく
大阪市会で
日本軍「慰安婦」問題の解決を求める
意見書を可決させよう!



 2009年2月26日(木)、大阪・ドーンセンターにおいて、「大阪市議会で日本軍『慰安婦』」問題の早期解決をめざす意見書を可決させる会」出発集会が行われました。
 会場には椅子が足りないほどの方が参加され、熱気あふれる集会となりました。
 大阪AALAからは四ッ谷光子副理事長から「インドネシアの旅・二人の元『慰安婦』の方と懇談」についての特別報告を行いました。
 出発集会では、5月議会提出をめざして大阪市会宛の署名運動を展開することなど6項目の行動提起を確認しました。


  大阪市会あて請願署名用紙


 国会宛「戦時性的強制被害者問題解決促進法案」署名CLICK


 −行動提起−

1.大阪市会宛署名運動を展開しましょう!
 <5月議会提出をめざします。第一次集約は4月末です>

.賛同個人・団体を募ります
 <個人1口¥500 団体1口¥1000 です>
  賛同いただける方は下記の郵便振替口座に賛同金をお振込下さい。
  口座番号:00960−0−149201
  加入者名:日本軍性奴隷問題の解決を求める会・大阪

3.実行委員会メンバーになってください!
 <次回第2回実行委員会は
     3月5日(木)18:30〜 ドーンセンター会議室にて>

4.4月被害者証言集会への参加お願い
  <4月24日(金)18:30〜 中ノ島中央公会堂>

5.各区地域で議員に対する働きかけを進めてください
 <要請文は事務局にあります>

6.「戦時性的強制被害者問題解決促進法案」署名の取組み
 <3月末国会へ第1次提出予定です><第2次5月末提出>



2009年2月26日に出発集会を予定
大阪市議会で日本軍「慰安婦」問題
早期解決をめざす意見書を可決させる会



 大阪AALAは、大阪市会での日本軍「慰安婦」問題の早期解決をめざす意見書可決をさせるために、昨年末2008年12月18日に打ち合わせ会を開き、7団体14名が参加し、準備会として再度集まることなどを決めました。
 準備会では宝塚市の経験、運動をすすめている堺市、尼崎市、北摂地域の取り組みの現状や経験を聞きました。会の名称を『大阪市議会で日本軍「慰安婦」問題の早期解決をめざす意見書を可決する会』と決め、陳情書の提出5月を目指して、署名を出来る限り多く集めこと、実行委員会を2月3日6時30分ドーンセンター、出発集会を2月26日6時30分ドーンセンターでやることを決めました。
  いよいよ運動の始まりです。『大阪市で実現すれば影響は大きい』という参加者の声に励まされています。



        2008.9.14
戦争はいやや
大阪・西区平和展



   2008年9月14日(日)、大阪・西区民センターで「戦争はいやや 西区平和展」がひらかれ、今年も大阪AALAから「従軍慰安婦」問題パネル展示と喫茶コーナーで参加しました。
   また平和展では石川康宏先生を講師に慰安婦問題での記念講演が行われました。




 5月6日 「9条世界会議in関西」
大阪AALA「慰安婦問題」でブース出展

   2008年5月6日(火・祝)、大阪AALAは、大阪・舞洲アリーナで開催された「9条世界会議in関西」において「慰安婦問題」でブース出展しました。

  
   3月8日 2008国際女性デー大阪集会
        大阪AALAもアピール行動
    「従軍慰安婦」問題の早期解決を!

 
 2008年3月8日(土)2008国際女性デー大阪集会が御堂会館ホールで行われ、全体で800名が参加しました。
 大阪AALAからは22名が参加し、壇上から「世界の女性と手をつなごう」「『従軍慰安婦問題』の早期解決を!」とアピールしました。
  また集会後、ナンバまでのパレードでも訴えました。


             
 
      2008年3月1日(土)
  戦争責任を問う 「従軍慰安婦」問題
  ”映画と講演のつどい”開催


  2008年3月1日(土)大阪市立阿倍野市民学習センター講堂において、大阪AALA主催、大阪母親大会連絡会・日本中国友好協会大阪府連後援で、「映画と講演のつどい」を開催しました。105名の方が参加されました。

 
まず  「ガイサンシーとその姉妹たち」のドキメンタリー映画を観ました。山西省一の美人を意味する「ガイザンシー」とよばれる戦時性的強制被害・候冬娥さん(すでにこの世を)と運命を共にした女性たちの証言がつづられ、日本軍が犯した女性への人権侵害の事実が重く深く心に痛みがしみる映画でした。

 つづいて、24年間国会議員として「従軍慰安婦」問題で48回の質問を行い、政府を追及された吉川春子さんに講演していただきました。
  これまでの「従軍慰安婦」問題のとりくみを振り返ると共に、余りにもひどい日本政府の態度に、吉川さんの決意「私の心は晴れない思いです。引退しましたが、この問題からは引退はできません」を共有する内容ある講演でした。 
  この日はちょうど吉川さんが、「従軍慰安婦」問題で23年間格闘された国会議員の記録として出版された「アジアの花たちへ」の著書の発刊日で、出版本に吉川さんのサインもしていただきました。


   
   

   話された「慰安婦」年表の一部

1938 内務大臣「支那渡航婦女取り扱いに関する件」通牒発し「慰安婦」の渡航黙認
1944 国家総動員法に基づく「女子挺身勤労令」
1945 ポツダム宣言受諾3日後「外国軍駐屯地における慰安施設に関する件」
1990 本岡議員「強制連行の中にいた慰安婦の調査要求」・政府「民間業者が連れ歩い
  た」と拒否
1991 金学順さんら元「慰安婦」東京地裁に損害賠償裁判提訴
1993 河野官房長官談話・強制認め謝罪
2000 共産党「慰安婦問題解決促進法案」提出
2001 野党3党「慰安婦問題解決促進法案」参議院に提出・9回の提出いずれも廃案に。


 
一刻も早く「従軍慰安婦」問題の解決を
       
四ッ谷光子副理事長


   
 
 大阪AALAの四ッ谷光子副理事長は、2008年2月1日付けのアジア・アフリカ・ラテンアメリカ紙(大阪版)で、”一刻も早く「従軍慰安婦」問題の解決を”との訴えを発表しました。

          
訴え本文→(PDFファイル) CLICK


大阪AALA 韓国平和・交流の旅
ナヌムの家など訪問
2007.9.28−10.1

 
 2007年9月28日〜10月1日、大阪AALAは韓国平和・交流の旅を企画実施しました。
 「ナヌムの家」を訪問、日本軍「従軍慰安婦」歴史館、西大門刑務所歴史館などを見学し、韓神大学の姜淳媛(カン・スノン)教授ら平和・平和教育運動をすすめる人たちとの交流を行いました。


      

(左)ナヌムの家正面  (右)再現された慰安所の部屋



「従軍慰安婦」歴史館前で

 
西区平和展に「慰安婦」問題を中心に展示

 
 2007年9月23日(土)、大阪市内において開催された「西区平和展」に、大阪AALAとして昨年に引き続き参加しました。
今回は「慰安婦」問題を中心に展示、非常に関心を持って見ていただきました。
 かわさきゆたかさんのオープニングコンサート、不発爆弾で両眼手首を失われた元盲学校の高野先生の「未来につなぐいのち」の講演、紫金草舎合唱団の合唱など盛りだくさんの内容で、150名が参加されました。
  
この平和展で、元シベリア抑留者国家賠償を勝ちとる会の展示もありました。そのあと11月21日から25日まで京都でシベリア展が行われ、要請があり「従軍慰安婦」問題の展示もおこないました。




  大阪AALAが大阪母親大会でアピールしました
2007.6.3


大阪母親大会でアピール(中之島・中央公会堂)

 
        
 請願署名活動」展開中
 
  署名用紙をダウンロードし活用してください署名用紙リンク


   「慰安婦」問題での動き   HOME  NEXT交流広場