issue of comfort women

「慰安婦」問題    HOME

                                                                     
 「慰安婦」問題とは 国連・各国議会・
日本の議会等
の決議等
「慰安婦」問題
での動き・
AALAの取り組み
大阪AALAの
取り組み


 「慰安婦」問題とは     ページ内の目次
「慰安婦」
問題とは
日本政府・軍
による「慰安婦」
関係資料
「慰安婦」部屋の
再現・韓国
「ナヌムの家」
被害者の証言 河野談話


 
「慰安婦」問題とは


 
日本が中国・朝鮮などアジアへの侵略戦争を遂行するなかで、7万人とも20万人ともいわれる植民地、占領地のアジア・ヨーロッパの女性たちを、国と軍が関与し、「拉致」「誘拐」「就業詐欺」「甘言」で慰安所に強制連行して性奴隷を強要しました。

 
そのことの具体的資料もあり、被害者自らの証言がなによりの事実でこれを拒否することはできません。

 
不十分ではありましたが、河野談話(1993・当時官房長官)は、それをみとめ謝罪したものです。
 
 
安倍元首相は、2006年10月「安倍内閣としては河野談話を継承する」と答弁しています。
   しかし、安倍元首相が河野談話を否定し、歴史的事実をゆがめる発言をくり返しましたがとうてい許されません。
   日本政府の対応の背景には誤った歴史認識で侵略戦争を認めない、憲法改悪と同じ考えがあり、「女性を産む機械」発言の大臣を罷免しなかった女性蔑視の体質があるのです。
   歴史の逆流は許せません。


     

日本政府・日本軍による
「慰安婦」関係資料



   *参考資料ホームページ
    アジア女性基金ホームページ
      政府調査「従軍慰安婦」関係文書資料


1938 内務大臣「支那渡航婦女取り扱いに関する件」通牒発し「慰安婦」の渡航黙認
1944 国家総動員法に基づく「女子挺身勤労令」
1945 ポツダム宣言受諾3日後「外国軍駐屯地における慰安施設に関する件」



国家ぐるみの犯罪であることの具体例

  *この項は「日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会機関紙」2007.5.1NO.564から
    抜粋して作成しました。


■飯沼守(陸軍少将・上海派遣軍参謀長) の日記より

 1937年12月11日の日記には、「慰安施設の件、方面軍より書類来たり、実施を取計う」と書かれている。中支那方面軍から慰安所を作るようにという指示がきたので、その準備に取りかかったという内容。上海派遣軍司令官は皇族の朝香宮で、天皇の遠い親戚にあたる。中支那方面軍司令官松井石根大将がその上官で、その上に天皇がいる。


■陸軍省副官通達「軍慰安所従業婦等 募集ニ関スル件」

  1938年3月4日
 「慰安婦」募集に際しての陸軍省の方針を示したもの。陸軍大臣の命令により出された形式で、陸軍省副官から北支那方面軍と中支那派遣軍の参謀長宛に「慰安婦」募集について十分にコントロールするよう通達した。



■「軍人軍隊ノ対住民行為ニ関スル注 意ノ件通牒」
 
   1938年6月27日北支那方面軍岡部直三郎参謀長
 「軍人による強姦事件がたくさん起こっているために、日本軍による中国北部の占領支配が危なくなってきている。そこで、このような危機的状況を防ぐために、軍人の行為を取り締まるとともに、すみやかに慰安所を作りなさい」と、岡部直三郎中将が指示したもの。方面軍司令官は寺内寿一大将だった。



■海南島の海軍慰安所についての台湾 拓殖会社の資料より
 
    1939年の海南島占領後、陸軍・海軍・外務省の3省の連絡会議によって計画された。そこでは、台湾総督府を通じて、海南島への進出をはかった台湾拓殖株式会社に慰安所設置、「慰安婦」の徴集を依頼した。同会社は台湾総督府、外務・大蔵・陸海軍などの各省の協力を得て設立された会社であり、半官半民の国策会社だった。


■その他

 その他、内務省警保局の内部資料、第12特別根拠地隊司令部の海軍慰安所利用内規、台湾軍司令官や参謀長の秘電報など多数の証拠がある。


「慰安婦」部屋の再現
:韓国・ナヌムの家



 2007年9月28日〜10月1日、大阪AALAは韓国平和・交流の旅を企画実施しました。
 「ナヌム(分かち合い)の家」を訪問し、再現された「慰安婦」部屋の様子を写真に収めました。


  *韓国「ナヌムの家」ホームページ

  

韓国ナヌムの家
韓国・ナヌムの家

       「慰安婦」部屋の再現        源氏名札
(左)「慰安婦」部屋の再現              (右)源氏名札

慰安所規定の表示板         慰安所規定表示板
(左)(右)慰安所規定表示板

被害者の証言
米国下院での被害者の証言(要旨


 2007年2月25日、米下院国際関係委員会・アジア太平洋&地球環境小委員会で、元「慰安婦」3人が証言しました。
 米下院に1997年に最初に「慰安婦」決議案を提案して以来のことでした。

 16歳で慰安婦にされた韓国人の李容洙さん(79才)、金君子さん、オランダの旧植民地インドネシアで被害に遭ったジャン・オーハンさん(84才)=オーストラリア在住=の3名です。
 「日本軍に意識がなくなるまで暴行された」「わたしの悪夢は消えない。日本政府は行動で誠意を示すべきだ「自殺を試みたが、見張りのために死ぬことすらできなかった」「私は(日本政府)から謝罪を受けていない。彼らが私の前に膝まづき、心から謝罪するまで訴え続ける」と訴えました。


金君子(キム・クンジャ)さん(韓国)

 私は1926年ガンオン県ピョンチャンで誕生、今81歳。14歳で孤児になり、植民地警官チョイ家に里子として引き取られた。
 
 1942年3月、16歳の時その家を追い出された。カネを儲けてこいと。
 朝鮮人で軍服を着ている男に会い、カネになる仕事があるといわれ、貨車に乗せられた。貨車には他に7人の少女と兵士がいた。貨車が止まり、トラックで宿屋のような家に連れて行かれた。その町の名はフンチュン(中国)であると後で聞かされた。

 次の夜、日本人将校が来、私を襲った。私は日本語が全然分からず、理解できなかった。
 将校は顔を殴って私の鼓膜を破った。毎日のように日本兵によってレイプされ、1日に20人の異なる兵士によって、また時には40人も。私の身体には殴られた跡、ナイフによる刺し傷の跡がいまだに残っている。
 多くの兵士がコンドームを拒否するので、少女たちが妊娠し、性感染症にかかることは普通だった。私も妊娠中絶を強いられた1人だった。

 3年間の悪夢で戦争が終わり、解放されたが、朝鮮に帰るのは至難の業だった。
 今はナヌムの家に9人と住んでいる。
 日本政府はその犯罪と残虐行為を認めて、それに対する責任を認めてほしい。


    * 「日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会機関紙」2007.5.1NO.564から


ジャン・ラフ・オハーンさん(オーストラリア)

 私は現在インドネシアとして知られる旧オランダ領東インド諸島のジャワで1923年に生まれた。オランダ植民地家族の4世でした。私は砂糖農園で成長し、大学も卒業した。

 1942年私が19歳の時、日本軍がジャワに侵入、何千人もの女性と子どもと共に日本の捕虜収容所に抑留された。
 収容所での2年後、1944年に当時の最高位の日本人将校が収容所に到着、命令が出され、17歳以上の独身の女性を構内に並ばせ、選別が始まった。

 そして10人の綺麗な少女を選抜、私もその1人だった。私たちは母親たちと引き離され、軍用トラックに乗せられ、スマラン市のハウスに降ろされた。そこは売春宿でした。

 一人づつ引き離され、日本人将校は私を部屋に押し込め、衣服をはぎ取り、剣を握って残忍な方法でレイプをした。そのあともまだ日本兵がまっており、一晩中続いた。それはほんの始まりで、毎週、毎月つづいた。私は抵抗したが、繰り返し殴られた。性病検査のため検診に来る日本人医者でさえも私をレイプした。

 私にはボロボロになった身体だけが残された。
 私は信仰と神への愛で生きながらえてきた。
 1992年12月東京での国際公聴会で初めて沈黙を破り証言した。
 民間の「アジア女性基金」の賠償を拒否した。私は日本政府の正式の謝罪を受ける資格があるから。


   * 「日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会機関紙」2007.5.1NO.564から


河野談話(1993年・当時官房長官)


   *外務省ホームページ
   「慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話」にリンク



 いわゆる従軍慰安婦問題については、政府は、一昨年12月より、調査を進めて来たが、今般その結果がまとまったので発表することとした。


 
次調査の結果、長期に、かつ広範な地域にわたって慰安所が設置され、数多くの慰安婦が存在したことが認められた。慰安所は、当時の軍当局の要請により設営されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった。また、慰安所における生活は、強制的な状況の下での痛ましいものであった。

 
なお、戦地に移送された慰安婦の出身地については、日本を別とすれば、朝鮮半島が大きな比重を占めていたが、当時の朝鮮半島は我が国の統治下にあり、その募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた。

 
いずれにしても、本件は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題である。政府は、この機会に、改めて、その出身地のいかんを問わず、いわゆる従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申し上げる。また、そのような気持ちを我が国としてどのように表すかということについては、有識者のご意見なども徴しつつ、今後とも真剣に検討すべきものと考える。

 
われわれはこのような歴史の真実を回避することなく、むしろこれを歴史の教訓として直視していきたい。われわれは、歴史研究、歴史教育を通じて、このような問題を永く記憶にとどめ、同じ過ちを決して繰り返さないという固い決意を改めて表明する。

 
なお、本問題については、本邦において訴訟が提起されており、また、国際的にも関心が寄せられており、政府としても、今後とも、民間の研究を含め、十分に関心を払って参りたい。
 


           

    世界の動き「非同盟」 HOME NEXT各国議会等の決議