とりくみ・活動報告  

国際連帯 学習講演会 集会アピール行動 文化のつどい


学習講演会 目次
2015年 2015.2.18
東アジアを平和・友好・協力の
共同体に緊急学習会

2015.1.24
いまなぜ「慰安婦」問題
なのか
学習と交流のつどい
2014年 2014.12.7
近畿ブロック学習講演会
2013年 2013.9.28
日本軍「慰安婦」
被害者証言
「近畿のつどい」
2013.3.23
世界の動きと日本の進路
情勢学習講演会
2012年 2012.2.4
大阪AALA2012
新春のつどい
講演
「新段階に入ったアメリカの
アジア・太平洋戦略」

    
2011年 2011.12.4
大阪AALA第49回
定期総会記念講演
「激動の世界経済」
2011.7.16
大阪AALA講演会
北アフリカ・アラブ地域政変
エジプト中心に
2011.3.9
大阪AALA学習会
TPP問題の本質
2011.1.22
大阪AALA
新春のつどい

「沖縄から見える日米安保」
2010年 2010.11.14
第48回総会記念講演
中東問題のいま
2010.9.25
アフリカ問題
学習講演会
2010.4.24
バンドン会議55周年
学習のつどい
2010.3.13
韓国併合100年を

考える講演会
2010.2.24
パレスチナ見たまま

キューバ見たまま
2010.1.30
新春のつどい
学習とおどり

「普天間問題が提起する
日米安保と沖縄」
2009年 2009.11.6
エクアドルの
話を聞く会
2009.10.10
キューバ映画と
講演のつどい
2009.9.11
中南米学習会
4.28
いま安保50年を問う
畑田重夫講演会

3.28
AALA報告・学習会

「インドネシアの旅と
ブラジルでの社会フォーラム」
1.24 21世紀は
非同盟の時代学習会
2008年 11.16第46回総会
記念講演及び総会議事
「ASEANとアジアの動き」
9.6-7近畿ブロック
交流と学習のつどい

「アメリカの世界戦略
と大統領選挙」

「AAPSO50周年記念
国際会議報告と中東情勢」
6.25
経済問題学習会
 
4.23
地球環境問題学習会
3.1「従軍慰安婦」問題
映画と講演つどい
2007年 11.11第45回総会
記念講演
及び総会議事
「日米同盟と戦争のにおい」
8.22日本の
食糧・農業学習会
5.12-13西日本ブロック
学習・交流のつどい

「AALA連帯運動の
あゆみと展望」
3.23劣化ウラン兵器
禁止学習会
2.22日韓交流
学習会
'
2006年 11.12第44回総会
記念講演

「アジアにおける日本の
位置と日本国憲法」
0.13第14回非同盟
首脳会議報告学習会
6.13在日米軍基地
強化問題学習会
5.17国民投票法
学習会
' '
2005年 12.22ベネズエラ
学習会
11.13第43回総会
記念講演

「非同盟運動の
あゆみと展望」
2.8「従軍慰安婦」
問題学習会


学習講演会
2015.2.18
緊急学習会を開催
東アジアを平和・友好・協力の共同体に


 大阪AALA主催の緊急学習会「東アジアを平和・友好・協力の共同体に」が、2015年2月18日(水)、国労大阪会館で開催されました。講師は日本AALA常任理事、元「赤旗」中南米特派員・外信部長の田中靖宏氏でした。
  田中氏は、まず、今年2015年は日本AALA創立、バンドン会議60周年にあたるとし、バンドン精神と非同盟を基礎にしたアジアの平和秩序を築く重要性を強調しました。

   次に、世界の構造変化が起こっており、「@経済力では世界のGDP予測で中国が1位、BRICS諸国がOECD諸国を抜いた。A経済の相互依存が高まり、お互いの貿易・投資が増大している。B軍事から非軍事の流れが米国や国際世論に。C軍事同盟が衰退し地域共同体が広がり、ナショナリズムからレジョナリズムへ」ということからも戦争できない実態が生まれているのは明らかだとしました。

   そして、いま欧州連合(EU)の発展、米国の支配から脱している中南米の統合と平和の発展、バンドン精神を受け継ぎ体制の違う国が共存するという原則を苦労して確立するために東南アジアで続けられてきた平和と紛争克服の努力(ASEANの発展)からも、東アジア共同体実現の可能性と重要性が大きくなっていると述べました。

  また田中氏は、5月24日に開催される日本AALA主催の国際シンポジウムのパネリストであるマルティ・ナタレガワ前インドネシア外務大臣は、インド洋から太平洋にまたがる世界有数の多民族国家であるインドネシアがASEANの議長国であった2011年に外務大臣をつとめ、「インド太平洋友好協力条約」を提唱した人物でASEANを主導する「大物」の一人であり、大いに期待できる重要なシンポとなるとのことでした。
2015.1.24
巻き返しを許さず、
「慰安婦」問題の早期解決を
「いまなぜ『慰安婦』問題なのか」
学習と交流のつどい開く

 
  2015年1月24日(土)、「いまなぜ『慰安婦』問題なのか」学習と交流のつどいが、大阪市内において開催されました。
  主催は大阪AALAも参加する日本軍「慰安婦」問題の早期解決をめざす大阪の会≠ナ、よびかけ人を代表してあいさつにたった植田晃子大阪母親大会連絡会委員長は「大阪ではあの橋下市長の暴言、慰安婦あって当たり前という考え方自体が私たちと全くあいいれない中で、慰安婦の問題についてはいろんな角度、層の方が運動を展開してくださって運動がまとまりつつある。学習し次の行動にむけての話し合いをしていこうではありませんか」と訴えました。
  つづいて証言DVD「ハルモニたちの叫び」が上映されました。
講演の講師は、日本共産党政策委員会の小松公生さんで、「吉田証言」をめぐる状況と「慰安婦」問題の本質≠ニ題して、豊富な資料をプロジェクターで映し説明しながら進められました。
  講演後、質問や各地での取り組み、とりわけ「慰安婦」否定派のまきかえしの動きの報告などで意見交換が行われました。
2014.12.7
中南米、ASEAN、パレスチナを知って
平和の動きをとらえる
近畿ブロック学習講演会

 12月7日、日本AALA主催の全国縦断学習講演会の近畿ブロックの催しが、京都鴨沂(おうき」会館で開かれました。

幅広く、事実で世界をとらえる


 第1講演「南米革命の現状と平和の共同体」で田中靖宏氏は自身の体験をふまえつつ、さまざまな角度から世界の平和と非同盟の流れを解きました。
  10月にコロンボで開かれたアジア・アフリカ人民連帯機構(AAPSO)第9回大会に日本AALA代表として参加し、日本AALAのASEAN訪問ツアーの記録『知りたかったアセアン』を編集するなかでとらえた、平和への努力と知恵を具体的に指摘しました。
また田中氏は、「赤旗」の中南米特派員と外信部長としての豊富な取材体験を生かして、ラテンアメリカの変革や米国との関係にも触れました。
 濃く盛りだくさんの内容は、60分という制約で、やや消化不良の面もありましたが、世界の変化をとらえる際には幅広く、かつ具体的に見る必要性を印象づけました。
イスラエルのガザ爆撃は侵略戦争でありパレスチナ人の抹殺
 
  第2講演「パレスチナ・イスラエル問題のルーツと真実」で、駐日パレスチナ常駐代表部大使、ワリード・アリ・シアム氏は、映像を活用して、イスラエルのガザ攻撃の実相を暴きました。
  「これはヒロシマではありません」と大使。瓦礫の山と化したガザ中心部。1万7000戸が破壊され、2000人を超えるパレスチナ人が殺された。うち一般市民は約1500人。そのうち516人が子ども。283人が女性。攻撃はイスラム原理主義組織ハマスを標的にしたものでないことは明らか…。イスラエルは多くの学校、病院、モスク、さらに市民が避難した国連施設にも爆撃とミサイル攻撃を加えました。
  これが今年7月8日から8月26日まで続いたイスラエルもガザ攻撃の実相です。
マスコミは「イスラム原理主義武装組織ハマスとイスラエルとの軍事衝突」と描いてきました。アメリカはイスラエルの「自衛」だと主張します。しかし、ガザ問題の事実はイスラエルのガザ占領であり、パレスチナ人の殺害と追放で自国領とすることです。国家の侵略戦争であるという真実を見逃してはなりません。
 ガザは高さ5メートルの壁によって隔離され、300以上の検問所で、パレスチナ人はイスラエル官憲の取り調べを受ける…。ガザは巨大な監獄と化しています。イスラエルは住民の土地を奪い、入植を続けています。
2013.9.28
京都で日本軍「慰安婦」
被害者証言「近畿のつどい」


 2013年9月28日(土)、京都市内において、韓国「ナヌムの家」から高齢をおして来日された3名のハルモニを迎えて、 日本軍「慰安婦」被害者証言「近畿のつどい」が開催され、会場いっぱいの300名がつどいました。
 安倍首相の「河野談話」見直し発言、橋下大阪市長の「『慰安婦』制度は必要であった」などの暴言に対し何としても日本で訴えたいと来日され、近畿では、日本軍「慰安婦」問題の早期解決をめざす大阪の会(事務局:大阪AALA)と京都新婦人の会の共催で証言のつどいを実施しました。
2013.3.23
情勢学習講演会
「世界の動きと日本の進路」
〜朝鮮・アジアを中心に〜
講師:笠井亮氏(日本共産党衆議院議員)


  大阪AALA主催の情勢学習講演会を、2013年3月23日(土)、大阪市内において開催し、会場いっぱいの55人の方が参加しました。
 講師は、日本共産党衆議院議員の笠井亮氏で、お忙しい日程の中、来阪の上元気のでる講演をしていただきました。
 講演は、「世界の動きと日本の進路〜朝鮮・アジアを中心に〜」と題して、アジアと世界の大きな変化を体験した韓国朴槿恵(パククネ)大統領就任式・青瓦台への招待、89年ぶりに”元あるところに戻った”朝鮮王朝儀軌〜なぜ日本、ならではの役割が発揮できたか、日本軍「慰安婦」・領土問題の解決に向けて歴史に向き合い清算してこそ心通う友好関係に、世界の流れに逆行する日本の政治転換の時〜新しい大変革の時代切り開く活動に誇り、という内容で熱く語っていただきました。
2012.2.4
大阪AALA2012
新春のつどい講演
「新段階に入ったアメリカのアジア・太平洋戦略」


大阪AALAは2012年2月4日(土)、大阪市内において「2012年新春のつどい」を開催しました。
 第1部は講演で「新段階に入ったアメリカのアジア・太平洋戦略」と題して、坂口明氏(日本共産党赤旗日曜版編集部)を講師に、お話いただきました。

2011.12.4
大阪AALA第49回
定期総会記念講演
「激動の世界経済」

 大阪AALA第49回定期総会は2011年12月4日(日)午前10時から午後3時まで開催され、活発な討論の後、報告・方針・新役員を選出しました。
  また総会終了後、総会記念講演「激動の世界経済」と題して、林直道大阪市立大学名誉教授を講師に午後5時過ぎまで学習しました。

2011.7.16
大阪AALA講演会
北アフリカ・アラブ地域政変
エジプト中心に
 
 大阪AALAは2011年7月16日(土)、大阪市内において、「北アフリカ・アラブ地域の政変…エジプトを中心に…」講演会を開催しました。
 講師は、龍谷大学名誉教授の坂井定雄先生で、元共同通信の中東駐在の記者であった経験などをもとに非常にわかりやすく講演をしていただきました。

 2011年1月25日のカイロ中心部のタハリール(解放)広場での民主化要求デモで全国に広がったエジプト「1月25日革命」の背景には、非常事態令による圧制への怒り、多数の国民の貧困化を拡大させた米国主導のグローバリゼーションへの怒り、独裁政権の腐敗構造・格差拡大、深刻な就職難などがあることをあげ、革命の発生と進行、軍の果たした役割、中東諸国への波及、パレスチナへの励まし、米中東政策への大きな打撃について詳しくお話しいただきました。

2011.3.9
大阪AALA学習会開く
米国主導のTPPと「日米同盟」経済
薄木正治さんが講演



 大阪AALAは2011年3月9日(水)、大阪市内においてTPP問題の学習会を行いました。
 講師は東京から薄木正治さん(日本共産党吉井英勝衆議院議員秘書)をお招きして、”米国主導のTPPと「日米同盟」経済”と題して講演していただきました。
 「東アジア共同体」でアジアの人々とともに発展する道を歩むのか、米日多国籍企業のためのアメリカ主導型経済の道を歩むのか、大きく後者に舵を切るTPPの本質がよくわかりました。

 
2011.1.22
大阪AALA  新春のつどい

学習(沖縄から見える日米安保)
・演奏・手品



    名護市長選挙(12日間)・沖縄知事選挙(3週間)に参加した植田保二副理事長から「沖縄から見える日米安保」と題して、選挙戦の写真も映し、話してもらいました。
 懇親会では、おなじみ会員で80才になられたばかりの一法真澄(ハシノリ・シンショウ)さんの力強いサックスを中心とした演奏、最後には踊られる方々も。
 そして東大阪市職員のマジッククラブ「ドリーム」の手品を楽しみました。
 最後に昨年入会された新会員の方々を紹介しました。


2010.11.14
第48回定期総会記念講演
「中東問題のいま」
−パレスチナ・イスラエル問題を中心

講師:尾崎芙紀さん
(日本共産党国際委員会)

 2010年11月14日(日)、大阪市内において大阪AALAの第48回定期総会を開催しました。総会当日、日本共産党国際委員会の尾崎芙紀さんを講師に「中東問題のいま」と題して記念講演を行いました。

 

2010.9.25
アフリカ問題学習会
アフリカのいま
−「平和の共同体」への展望
講師:高林敏之氏

(日本AALA常任理事、西サハラ問題研究室主宰)


 大阪AALAは2010年9月25日(土)、午後1時半から4時半すぎまで、大阪市内において、アフリカ問題学習講演会を行い、30人が参加しました。
 アフリカ問題の専門家である高林敏之氏(日本AALA常任理事、西サハラ問題研究室主宰、早稲田大学理工学術院非常勤講師)を講師に、広大で多様なアフリカ大陸の今について、地域統合への努力の経過と「平和の共同体」への展望をお聞きしました。

 

2010.4.24
バンドン会議55周年学習のつどい
インドネシア舞踊と記念講演行う

  2010年4月24日(土)、大阪市内において、バンドン会議55周年学習のつどいを行いました。
 「非同盟運動とAALAのあゆみ」のDVD上映、佐久間新・ウィヤンタリご夫妻によるインドネシア舞踊、澤田大阪AALA理事長を講師とした講演「いま世界の流れは、非核・非同盟」・・・バンドン会議55周年に学ぶ・・・という内容でした。
  
  

2010.3.13
韓国併合100年を考える講演会

  2010年3月13日(土)、大阪市内において「韓国併合100年を考える講演会」を開催し、50名が参加しました。
 講師の中塚明先生から「韓国併合 その歴史を学ぶ」・・・北東アジアの平和に向けて・・と題して講演をしていただきました。


2010.2.24
二つの旅報告会
パレスチナ見たまま、キューバ見たまま


   2010年2月24日(水)、大阪市内において、イスラエルによるガザ地区攻撃開始から1年がたつ昨年末の12月27日、「ガザで、平和行進−ガザ・フリーダム・マーチをやろう」という呼びかけにこたえて日本から13名が参加(大阪AALAの会員3名が参加)し、パレスチナノ現状を報告していただきました。

 また2010年2月6〜15日の10日間、キューバツアーに大阪AALAから会員7名が参加しました。キューバの最新情報が報告されました。

  

2010.1.30
2010年の決意、新春のつどい
普天間問題を学習
沖縄の唄とおどりを楽しむ


   2010年1月30日(土)、大阪AALA新春のつどいが大阪市内で行われました。
 学習は、「普天間問題が提起する日米安保と沖縄」と題し、嘉手納基地訴訟を担当されている西晃弁護士にお話いただきました。
 そのあと大正区をベースに活動されている「うるま民謡グループ」 による沖縄の唄とおどりを楽しみました。

  

2009.9.11
10月10日のキューバ映画と講演のつどいプレ企画
「キューバとラテンアメリカの今」
場一杯の参加で行われる
 
 2009年9月11日(金)、大阪・たかつガーデンにおいて10月10日のキューバ映画と講演のつどいプレ企画として、学習会「キューバとラテンアメリカの今」を開催し、会場一杯の参加がありました。
 講師は中南米問題に精通した新藤通弘氏(城西大学特任講師・日本AALA常任理事)で、新自由主義の問題点とともに詳しくお話いただきました。

  
2009.4.28
いま「安保50年」を問う
畑田重夫さんを迎えての講演会
来る2010年の意義を熱く強調

  2009年4月28日(火)、大阪市内において、国際政治学者畑田重夫さんを講師に迎えて講演会が開催されました。参加者は140名でした。

 この講演会は、2010年が現行日米安保条約発効から50年という節目にあたり、”いま「安保50年」を問う−「世界の流れと日本のすすむ道」”と題して、大阪AALA、安保破棄大阪実行委員会、大阪平和委員会の三者が呼びかけ団体なって開催したものです。

 畑田重夫さんは、2010年が現行日米安保条約発効から50年という節目だけでなく、同時に60年安保闘争50周年の年、「韓国併合条約」100周年、NPT(核不拡散条約)再検討会議の年、安倍内閣が2007年に強行した改憲のための「国民投票法」が施行される年、参院選、沖縄の知事選が実施されるという幾重にも重要な年である、と強調されました。


   

2009.3.28   AALA 報告・学習会
「インドネシアの旅とブラジルでの社会フォーラム」


  大阪AALAは、2009年3月28日(土)、大阪・たかつガーデンにおいて、AALA 報告・学習会「インドネシアの旅とブラジルでの社会フォーラム」を開催しました。


2009.1.24大阪AALA新春学習会
「21世紀は非同盟の時代」
アジア・アフリカ人民連帯機構の歴史と展望

講師は秋庭日本AALA代表理事

  大阪AALAでは2009年1月24日(土)、大阪・森ノ宮青少年会館において、「21世紀は非同盟の時代」と題して新春学習会を開催しました。
 講師は昨年2008年12月14日から16日、インド・ハイデラバードで20ぶりに行われたAAPSO(アジア・アフリカ人民連帯機構)の第8回大会に参加された日本AALAの秋庭代表理事で、生々しいお話をお伺いしました。


 

2008.11.16 第46回定期総会記念講演

「ASEANとアジアの動き
『東アジア共同体』構想とも関わって」

京都大学大学院経済学科研究科教授:大西広先生



 大阪AALAの第46回定期総会が、2008年11月16日(日)、大阪市内において開催されました。
 
今年は、自公の思惑による総選挙日程に振り回されたことへの怒りや、歴史的なアメリカでの黒人大統領誕生直後の総会となり、活発な討論が行われ2009年度の方針を決定しました。
 
また総会では『世界を知って、日本を変えよう』との総会宣言を採択しました。
 新役員では、田中克彦理事長が退任、代表委員となり、副理事長の澤田有氏を新理事長に選出し、新たな活動への決意を固めました。

 記念講演は「ASEANとアジアの動き『東アジア共同体』構想とも関わって」と題して、京都大学の大西 広先生に講演していただきました。
 今年の夏行かれたラオス、タイ、ベトナムでのますます進む中国進出の状況の映像が映されました。
 
東南アジアでの共同体の前進に対して、東アジアが前進しないのは、まだ冷戦構造が残存していること。そして日本が国にこだわる狭隘さを脱却し東アジアに接することが必要であることなど、東アジアの現状と課題が話されました。

 

2008.9月6・7日、近畿ブロック
交流と学習のつどい ひらく


 
日本AALAが主催する「近畿ブロック学習と交流のつどい」が2008年9月6・7日(土・日)の2日間に渡って、滋賀県大津市・滋賀県立県民交流センターで開催されました。近畿2府4県から71名が参加しました。

1日目は2つの講演、
@「アメリカの世界戦略と大統領選挙」
  講
師:しんぶん赤旗政治部坂口明氏
 

A「AAPSO(アジア・アフリカ人民連帯機構)50周年記念国際会議報告と中東情勢」
  
講師:日本AALA常任理事幸野尭氏、

が行われました。
   2日目は「AALA運動発展のための交流・討論」を行いました。

  経済問題学習会 2008.6.25
石川康宏先生(神戸女学院大学)が講演
49名が参加


   6月25日(水)午後6時から大阪・たかつガーデンで、大阪AALA主催の経済問題学習会が行われ、49名が参加しました
  最初の30分間は、全労連作成のDVD「もう一つの日本を」から「構造改革」の問題を視聴しました。
  6時30分からは神戸女学院大学教授の石川康宏氏に、「世界の構造変化と日本経済−学びを力に憲法どおりの日本をつくろう−」と題して講演をしていただきました。
  
 

 地球環境学習会 2008.4.23
岩本智之さん(CASA代表理事)の講演に
40名が参加



 洞爺湖サミットの主題ともなる地球環境問題を考えようと、2008年4月23日(水)、大阪市天王寺区の「たかつガーデン」において「地球環境問題学習会」が行われました。
 講師はCASA代表理事の岩本智之先生(元京都大学原子炉実験所)で難しい課題をユーモアを交えてわかりやすくお話しいただきました。

  

  
戦争責任を問う    2008.3.1
「従軍慰安婦」問題 
  
映画と講演のつどいに 105名参加
 
  吉川春子さん(元参議院議員)の講演に、
さらなる決意を!



3月1日(土)午後、大阪市立阿倍野市民学習センター講堂において、大阪AALA主催、大阪母親大会連絡会・日本中国友好協会大阪府連後援で、「映画と講演のつどい」を開催しました。参加者は105名でした。

 
映画は「ガイサンシーとその姉妹たち」。日本軍により「慰安婦」にされた被害女性たちの息の詰まる証言の連続で、会場のあちこちで涙されていました。
 
 
講演は、吉川春子さんに、24年間参議院議員として国会で「慰安婦」問題を追及してこられた体験からお話いただきました。
 
 
参議院で野党が多数を占めている今、参議院で法案を成立させる意義が強調され、参議院議長宛の署名運動の成功に向けてさらなる決意を固めました。
 
またこの問題でのとりくみをまとめた吉川春子さんの著書「アジアの花たちへ」(かもがわ出版、1700円)の発刊日が丁度この日というタイムリーな企画でした。






大阪AALA第45回総会記念講演
 
「日米同盟と戦争のにおい」
 
米軍再編の本当のねらい

  

 
2007.11.11 講師 国際問題研究者・日本平和委員会理事
      
日本原水協専門委員    新原昭治氏



ALA運動のさらなる発展を誓った

第45回定期総会


 
大阪AALAの第45回定期総会が、2007年11月11日(日)、大阪市内において開催されました。
 総会は「自衛艦、インド洋から撤退」「福田・小沢大連合密談」と情勢が大きく動く中で行われました。
 情勢、2007年度のとりくみ、2008年度方針案、会計決算・予算関係、2008年度役員、総会宣言、新テロ特措法反対の特別決議を全員の賛成で採択し終了しました。
 また総会後の記念講演は、新原昭治氏を講師に「日米同盟と戦争のにおい」と題して行われました。




どうなる?どうする?
     
日本の食糧・農業」学習会

 
(大阪AALA・農民組合大阪府連共催)


  
2007.8.22     講師:日本農民連 真嶋良孝副会長

日本AALA西日本ブロック 
2007.5.12-13 
 
国際連帯運動の前進をめざす
学習と交流のつどい


* 講演1
 
「変化する中南米
   深さと
広がりをみせる改革と世界の動き



                 
講師:日本共産党国際局次長 神田米造氏


  * 講演2  
「AALA連帯運動のあゆみと展望」


講師:日本AALA理事長 秋庭稔男氏







化ウラン兵器の禁止
をともに考える学習会
  (大阪AALAとイラクの子どもを支援する
大阪市民基金の共催)


 
 
 2007.3.23     講師:フリージャーナリスト 西谷文和氏


韓国の歴史と現状を学び
   日韓交流を広げよう!」学習会


     

  
2007.2.22  パネラー:     大谷大学  鄭 早苗氏
                
コリア協会大阪理事長 河野 律氏
                   
歴協教大阪委員長 小牧 薫氏



大阪AALA
第44回 総会記念講演
 「アジアにおける日本の位置と

日本国憲法」学習会



   
2006.11.12        講師:神戸女学院大学 石川康宏氏




第14回非同盟諸国首脳会議の報告」学習会



2006.10.13
       講師:日本AALA 秋庭稔男理事長


在日米軍基地再編強化問題」学習会
     (大阪AALAと安保破棄実行委員会、

         
平和委員会と共催)

   

  
2006.6.13  120名参加 
   
講師:小泉親司日本共産党基地対策責任者



国民投票法学習会 理事会



2006.5.17
   講師:大阪AALA代表委員 橋本敦弁護士


ベネズエラ学習会
  
  (大阪AALAと日本民主青年同盟との共催)

   

 
2005.12.22    講師:藪田ゆきえさん、和田育美さん



大阪AALA第43回総会記念講演
「非同盟運動のあゆみと展望
   ・・日本AALA50年の歴史から



 
2005.11.13    講師:日本AALA理事長 秋庭稔男氏

 

 

「戦時性的強制被害者(元従軍慰安婦)」
          問題学習会



 
2005.2.8        講師:寺沢勝子弁護士


 国際連帯 HOME   集会・アピール行動