report  とりくみ報告  HOME

国際連帯 学習講演会 集会アピール行動 文化のつどい


国際連帯  目次
2015年 2015.9.26
キューバ講演会
2015.5.23-24
国際シンポジウム
2014年
2013年 2013.4.8
元モザンビーク
解放戦士迎えて
2013.2.25
キューバ大使歓迎
夕食懇談会
2012年
2011年
2010年
2010.7.17
スリランカの
在フィリピン大使・
ベネット・クレーさん
との懇談
2010.3.15
キューバ大使公邸夕食会
2010.2.6-15
キューバツアー
2009年 2009.11.28
インドネシア元「慰安婦」
証言と講演のつどい
2009.10.10
キューバ映画と
講演のつどい
2009.10.9
キューバ大使
歓迎レセプション
2009.7.11-16
第15回非同盟首脳会議
2.9-14大阪AALA
インドネシアの旅
2.9日本AALA声明発表
ソマリア沖「海賊」対策で
1.7 ガザ地区攻撃
停止求める文書送付
2008年 5月-6月
大地震とサイクロン
被害者救援募金
'
2007年 11月 韓国9条の会
結成式参加
11.21ベネズエラ憲法改定
案学習交流つどい
9.28-10.1
韓国平和・交流の旅
8.29-9.8キューバ・
ベネズエラの旅
1.9-1.19ベネズエラ
連帯友好の旅
'
2006年 3.25ベネズエラ代表団
歓迎と交流のつどい
1.27-2.4キューバ
友好と連帯の旅
'
2005年
以前
2005.4.9
バンドン会議50周年・日本AALA創立50周年
記念講演会
2.19キューバ
講演会
2005.1第5回
世界社会フォーラム
2000.11.2-6日韓
平和と友好の旅
1998.8..21-26
中国・平和の旅


                     国際連帯

2015.9.26
キューバ講演会開催、参加者は300人
重要な意義ももつキューバ・米国の国交回復


 9月26日(土)、大阪AALAは、大阪市内のクレオ大阪東において、54年ぶりに米国と国交を回復したキューバ共和国のマルコス・ロドリゲス駐日大使を迎えて、「アメリカにウンと言わせたすごい国 キューバ講演会」を開催しました。参加者は300人でした。

2015.5.23-24
日本AALA創立・バンドン会議60周年記念
「平和・協力・繁栄の東アジア共同体をめざす
国際シンポジウムin国連大学」
東アジア共同体実現の展望示す

 5月23・24日、東京において、日本AALA創立・バンドン会議60周年記念「平和・協力・繁栄の東アジア共同体をめざす国際シンポジウムin国連大学」が開催されました。

1日目夜はレセプション
  5月23日(土)午後6時からは、新宿のホテルを会場に、大阪AALA13人を含め100人の参加で歓迎レセプションが行われました。海外の4人を含む6人のパネリストの他、非同盟諸国大使も出席し、なごやかに交流する場となりました。大阪AALAメンバーもパネリストや各国大使と歓談しました。

ASEANの経験は
東アジアでも生かせる

  5月24日(日)国連大学ウ・タント国際会議場で、午前9時30分から午後5時30分まで「国際シンポジウム」が開催されました。渋谷駅から徒歩約10分、青山学院大学のすぐ前にあり、同時通訳設備も完備した会場で、参加者は大阪AALA関係15人を含め350人でした。
  パネリストは、劉成氏・南京大学教授(中国)、アフマド・イブラヒム・アルムタキ氏・ハビビセンターASEAN研究計画責任者(インドネシア)、南基正氏(ナム・キジョン)ソウル大学日本研究所研究部長(韓国)、グエン・バン・フィン氏・ベトナムAALA連帯協力委員会副会長(ベトナム)、緒方靖夫日本共産党副委員長、大西広慶応大学教授の6人で、午前中はパネリスト第1回目発言、午後からは参加者からの質問の紹介とパネリスト回答発言、続いて13人からの会場発言、パネリスト最終発言、コーデネーターまとめということで進められました。

2013.4.8
元モザンビーク解放戦士
パンゲーネさんを迎えて

 日本AALAでは、アフリカ南部の国モザンビークから元解放戦士のアルマンド・パンゲーネさんを迎えて、「歓迎と学習のつどい」を行うこととなり、大阪では4月8日(月)、たかつガーデンで開催されました。通訳兼解説者として高林日本AALA理事が同行されました。前半はパンゲーネ氏からの基本的な説明を受け、後半は質問に答えていただきました。

2013.2.25
キューバ駐日特命全権大使夫妻と懇談会

 
 2013年2月25日(月)、昨年10月に赴任されたマルコス・ロドリゲス大使夫妻を迎えて大阪AALA主催の歓迎夕食懇談会を行いました。
 これは2月27日に、キューバWBC野球チームが京セラドームで阪神タイガースと親善試合をするということで来阪されることとなり、かねてからキューバ大使と交流のあった大阪AALAに「この機会にみなさんとお会いしたい」との声がかかったものです。


2010.7.17

スリランカ
スリランカの在フィリピン大使の
ベネット・クレーさんと
大阪AALAが懇談


 
  冨士ツーリストの西山氏から、クレーさんと厚生副大臣のマヒンダ・アマラティーヤさん、クレーさんの弟で観光業をしておられるランジット・クレーさんが大阪に来られるとの連絡を受けました。

 ベネット・クレーさんとは2003年に大阪へこられたとき懇談し、そして2004年2月大阪AALA40周年記念行事としてスリランカ訪問を計画したとき、スリランカの平和運動の中心であったベネット・クレーさん、通訳としてランジット・クレーさんにお世話になりました。

 こうした経過もあり、急でしたが、懇談会を実施することにいたしました。

 9名が参加し、富士ツーリストの西山氏、愛知平和委員会の西本氏と共に14名での懇談となりました。大阪城がすぐ近くに見える会場で懇談しました。

 

2010.3.15
キューバ大使公邸で
キューバ女性ガイダンスと夕食会


 
 昨年(2009年)10月「キューバ映画と講演のつどい」のレセプションの際に、キューバ大使婦人から公邸への招待があり、それが3月15日実現することとなり、大阪AALAから四ッ谷副理事長をはじめ6名が参加しました。
 夕食会前の1時間半、タニヤ・ドミンゲス大使婦人から、キューバやキューバの女性に関するガイダンスがあり、パワーポイントを使って詳しく説明を受けました。
 6時半からの夕食会は、ホセ・フェルナンデス・デ・コシーオ大使による日本AALAとキューバとの末永い友好と連帯を祝しての乾杯ではじまり、おいしいキューバ料理をいただきながら、キューバの実情や国際連帯の重要性に話がはずみました。

 

2010.2.6-15 キューバツアー報告
日本国憲法25条が生きる国
キューバ



  2010年2月6日(土)から15日(日)の10日間、憲法を行政に生かす大阪の会と大阪AALAとの共同企画行事としてキューバツアーが取り組まれ、全体で19名が参加しました。
 参加者からは、日本国憲法25条が生きる国だ、との感想が出されています。

 

2009.11.28
インドネシア元「慰安婦」スハルティさんと
    「慰安婦」問題研究家エカさんを招いての
“証言と講演のつどい”



  2009年11月28日(土)、大阪市内において、インドネシア元「慰安婦」スハルティさんと「慰安婦」問題研究家エカさんを招いての”証言と講演のつどい”を開催しました。
 大阪の招致が、名古屋、鹿児島と広がりおおいきな役割を果たすことができました。

 
2009.10.10
キューバ革命50周年によせて
キューバ映画と講演のつどい

映画2本、大使講演、キューバ映画解説講演


  2009年10月10日(土)、、大阪市内において「キューバ革命50周年によせて−キューバ映画と講演のつどい」を行い、200名が参加しました。
  午前11時から映画「フルカウント」、キューバ大使の講演、新藤通弘先生による講演「キューバ映画の歴史と現状」、映画「危険に生きて」と午後5時までの丸一日の内容でしたが、多くの方に参加・参加協力をしていただきました。
 このつどいは、大阪革新懇、大阪民医連、大阪AALAの3団体が呼びかけ団体となって開催したものです。

 

2009.10.09
キューバ大使歓迎レセプション行う



  2009年10月9日(金)夜、大阪市内で、ホセ・フェルナンデス・デ・コシーオキューバ共和国特命全権大使歓迎レセプションを行いました。
10月10日の「キューバ映画と講演のつどい」の講演で来阪されたもので、40名を超える方々の参加をいただき大使夫妻を歓迎しました。
 また9日は大阪市と大阪府を訪問、大阪市では大阪市長や市会議長直々の丁寧な応対を受けました。



2009.7.11-16
第15回非同盟諸国首脳会議開かる
日本AALA代表団も参加


  2009年7月11日から16日まで、エジプトのシャルム・エル・シェイクで、第15回非同盟諸国首脳会議が開催され、118の正式加盟国・組織、27のオブザーバー国・組織、45のゲスト国・組織が参加しました。

 日本AALA連帯委員会のメンバー5人は、非同盟のオブザーバー組織であるアジア・アフリカ人民連帯機構(AAPSO)の一員として参加、同時に日本AALA連帯委員会はゲスト組織にも登録されました。
 
   第15回非同盟諸国首脳会議は、高官会議、外相会議、首脳会議が2日間ずつ開かれ、「シャルムエルシェイク宣言」、最終文書が採択されました。
  首脳会議では公正な国際秩序をめざし、貧困根絶、国際経済危機克服、地球温暖化防止施策などが論じられました。


   

2009.2.9-14
大阪AALA、インドネシアの旅
元「慰安婦」の方と懇談



  大阪AALAは、2009年2月9日から14日までインドネシアの旅を行いました。
 このインドネシア旅の大きな目的の一つとして、元「慰安婦」の方との懇談が実現しました。
 コーディネーターのEka Hindratiさんは、2008年11月の第9回日本軍「慰安婦」アジア連帯会議にも出席された方です。「慰安婦」問題研究者ですでに3冊の本を出され、いまブル島に調査に入っておられます。


 

2009.2.9日本AALAが声明を発表
日本政府が新たな海外派兵策動
ソマリア沖の「海賊」対策で



  2009 年2月9日、日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会(日本AALA)は、ソマリア沖の「海賊」対策で日本政府が新たな海外派兵策動を行おうとしていることに対し、「ソマリア沖への海上自衛隊派遣に反対するとともに、日本政府がこの国の貧困を長期化させている紛争の根本的解決のための支援を、国際社会との連携のもとに行うよう強く求める。」声明を発表しました。


2009.1.7 イスラエルによる
パレスチナ自治区ガザへの軍事攻撃を
ただちに停止することを強く求める!

1月8日、大阪AALA、オルメルト首相あて文書送付



 
パレスチナのガザ地区に対し、昨年末(2008年)の12月27日来、イスラエル軍による攻撃が続いています。

  大阪AALAは2009年1月8日、イスラエル大使館を通じてオルメルト首相宛に「ガザ攻撃を、ただちに中止することを強く要求します。」との文書を送付しました。

                    
 国連安全保障理事会は2009年1月8日、ガザ地区での即時かつ永続的停戦を求める決議を14ヵ国の賛成で採択しました。アメリカは棄権しました。



中国四川省大地震とミャンマーサイクロン



日本AALA=被害者に対する救援募金
 
  日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会は「2008年5月12日に中国南西部で発生した中国四川省大地震と、ミャンマーのサイクロンの被害者に対する救援募金」を訴えました。

 大阪AALAに寄せられた「中国四川省震災被害者救援カンパ5万9500円」「ミャンマーサイクロン被災者救援カンパ5万1000円」について、日本AALAを通じ中国とミャンマーに送らせていただきました。
 ありがとうございました。



中国の大地震でお見舞い

  日本AALAの秋庭稔男代表理事と滝本英市事務局長は7月14日、中華人民共和国在日本大使館を訪れ、5月12日に中国南西部で発生した大地震についてお見舞いを述べるとともに、全国から集まった救済募金40万円を手渡しました。
  中国大使館からは、孫美嬌参事官が対応し、感謝状とともに、最近の復興の様子を話され、親しく懇談しました。




ミャンマーのサイクロン被害救援募金をUNHCRへ

  日本AALAの滝本英市事務局長は7月17日、日本UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)協会を訪れ、根本かおる事務局長に、ミャンマー・サイクロン被害救援募金27万5千円を手渡しました。
  根本氏は感謝状を手渡し、「多くの募金や物資を受けとっており、現地でも体制がととのい、救援は行き渡りつつある」が「持続的な支援はまだまだ必要」と述べました。




韓国9条の会結成式参加
 
   
  
2007.11  沢田有大阪AALA副理事長
 

駐日ベネズエラ・ボリーバル
 
イシカワ・セイコウ大使を迎えての
 
 ベネズエラ憲法改定案学習と交流のつどい
 
  
   
   2007.11.21(大阪AALA・大阪革新懇共催)  87名参加
     講師:ベネズエラ・ボリーバル共和国駐日大使
             イシカワ・セイコウ氏

 
美しいベネズエラの映像紹介を含め、イシカワ・セイコウ大使から約1時間の憲法改定についての説明が行われ、7名からの質問と回答がありました。
  学習会終了後は、大使の宿泊先であるホテルニューオオタニで懇談会を行いました。

                 
 
 

【ベネズエラ大使から礼状が届く】
 11月21日の大阪訪問に際して私どもに寄せられた多大のご厚誼にたいして、心からの御礼を申し上げたいと思います。
 ベネズエラと日本の間の相互関係、あるいはわが国の概観について、大阪の皆さんに語る機会を得たことは、お互いの理解と連帯のためにたいへん喜ばしいことであり、私にとって名誉なことでありました。大阪AALAが行き届いた準備をしてくださったことに深く感謝しております。
 大阪とベネズエラの間の連帯と友情がより深まることを切に望んでおります。
            ベネズエラ大使 イシカワ セイコウ


                      TOP

韓国・平和・交流の旅
  

  2007年9月28日〜10月1日、大阪AALAは韓国平和・交流の旅を企画実施しました。
 「ナヌムの家」を訪問、日本軍「従軍慰安婦」歴史館、西大門刑務所歴史館などを見学し、韓神大学の姜淳媛(カン・スノン)教授ら平和・平和教育運動をすすめる人たちとの交流を行いました。



 

キューバ・ベネズエラの旅 (日本AALA主催)
  
   
     2007.8
.29-9.8    21名参加・・大阪から2名参加

 

ベネズエラ連帯友好の旅
(日本AALA主催)
  
  
    
2007.1.9-19
 22名参加・・大阪から1名参加
          


ベネズエラ代表団「歓迎と交流のつどい」
  
   
   
2006.3.25   イキイキエイジングセンター 300名参加

       

TOP

 

キューバ友好と連帯の旅
(日本AALA主催)
  
   
  
2006.1.27-2.4  62名が参加・・大阪から 18名参加

 

バンドン会議50周年・日本AALA創立50周年
記念講演会

  
  
  2005.4.9 東京・昭和女子大学人見記念講堂
      1900名参加(大阪から40名参加) 
              講師:不破哲三氏
          *2005年4月10日(日)「しんぶん赤旗」HPlink

 

バンドン会議50周年記念「キューバ」講演会
  
 
  2005.2.19   講師:キューバ共和国駐日大使
                 オルランド・エルナンデス氏


TOP
     
 

第5回世界社会フォーラム
ブラジル・ポートアレグレ

 
 
   
    2005.1
   参加報告会(大阪AALAと通信労組共催) 2005.3.14
 
 
 
 日韓平和と友好の旅
 
 
  2000.11.2-6 
 日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会
       「日韓平和と友好の旅」
     「日韓平和と友好の旅」レポートにリンク

 
 
中国・平和の旅」レポート
 
 
  1999.8.21-26 
大阪府アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会
         「中国・平和の旅」
       「中国・平和の旅」レポートにリンク
   
 
  TOP BACKニュース   HOME      NEXT学習講演会