大阪AALA news ニュースTOP   HOME

2017.5.14
大阪AALA
第55回定期総会
2016.12.8
赤紙配り
2016.9.11
第3回文化フェスティバル
ラテン音楽のつどい
2016.9.24
日本AALAのラオス
要請訪問団に参加

2016.8.15
赤紙配り
2016.8.2-4
原水爆禁止世界大会国際会議参加

2016.5.28
大阪AALA
第54回定期総会
2016.3.9
3・9「たか子の窓」PART1
2016.2.20
大阪AALAの 「 春をよぶつどい 」

2015.9.26
キューバ講演会
2015.5.30
大阪AALA
第53回定期総会
2015.5.23-24
国際シンポジウム
2015.2.18
東アジアを平和・友好・協力の
共同体に緊急学習会

2015.1.24
いまなぜ「慰安婦」問題
なのか
学習と交流のつどい

2014.12.8
赤紙配り
2014.12.7
近畿ブロック学習講演会
2014.11.9
大阪AALA
第52回定期総会

2013.11.10
大阪AALA
第51回定期総会
2013.9.28
日本軍「慰安婦」
被害者証言
「近畿のつどい」
2013.7.27
日本AALA
第51回定期大会開く
2013.5.25
大阪AALA創立50周年
記念式典とレセプション
2013.4.8
元モザンビーク
解放戦士迎えて
2013.3.23
世界の動きと日本の進路
情勢学習講演会
2013.2.25
キューバ大使歓迎
夕食懇談会
2013.2.2
大阪AALA
2013年新春のつどい
2012.11.11
大阪AALA
第50回定期総会
2012.10.20
アジア平和文化交流
フェスティバル
2012.4.22-25
大阪AALAの
沖縄連帯・交流の旅
2012.2.14
大阪・橋下市長に
抗議文送付
2012.2.4
大阪AALA2012
新春のつどい
2011.12.4
大阪AALA
第49回定期総会
2011.10.8
大阪AALA
文化フェスティバル
2011.7.16
大阪AALA講演会
北アフリカ・アラブ地域政変
エジプト中心に
2011.7.1-2
日本AALA
第50回定期大会開く
2011.5.11
日本軍「慰安婦」問題
早期解決めざす
大阪のつどい
2011.3.16
東日本大震災
緊急募金活動
2011.3.9
大阪AALA学習会
TPP問題の本質
2011.1.22
大阪AALA
新春のつどい
2010.11.14
定期総会記念講演
中東問題のいま
2010.11.14
大阪AALA
第48回定期総会
2010.10.30
バンドン会議55周年記念講演会
不破哲三さんが語る
世界と日本
2010.9.25
アフリカ問題
学習講演会
2010.8.2-4
2010原水爆禁止
世界大会
国際会議
2010.7.17
スリランカの
在フィリピン大使・
ベネット・クレーさん
との懇談
2010.6.19
マサイの戦士が語る
トーク&ライブ
2010.5.16
普天間基地包囲行動
2010.5.3
九条の会・おおさか
憲法記念日のつどい
2010.4.24
バンドン会議55周年
学習のつどい
2010.3.21-22
大阪社会フォーラム
2010.3.15
キューバ大使
公邸夕食会
2010.3.13
韓国併合100年を
考える講演会
2010.2.24
パレスチナ見たまま
キューバ見たまま
2010.2.6-15
キューバツアー
2010.1.30
2010年の決意
新春のつどい
普天間問題学習



2017.5.14
大阪AALA
第55回定期総会

2017年5月14日(日)大阪AALAは第55回定期総会を開催しました。
 提案された議案、共謀罪廃案を求める特別決議、総会アピールを採択しました。
2016.12.8
赤紙配り  「戦争のことを忘れないで」

 真珠湾の奇襲攻撃による太平洋戦争開始から73年を迎えた2016年12月8日(木)正午を挟んで1時間、難波高島屋前で、今年も戦争反対「赤紙配り」(召集令状だった赤紙を模したビラ)の行動に70名が参加。大阪AALAからも多数が参加しました。
2016.9.11
第3回文化フェスティバル
ラテン音楽のつどい

 2016年11月9日(水)、大阪・阿倍野区民センター小ホールにおいて、大阪AALA第3回文化フェスティバル「ラテン音楽のつどい」を開催し、250人が参加しました。
 第1部は関西在住のピアノと打楽器演奏家の女性グループ『frap』。
 第2部の演奏は、ベネズエラから来日したチェオ・ウルタードとダビ・ウルタードのデュオでの民族楽器クアトロ演奏。2人の息も合った力強い演奏が会場に響き渡りました。
2016.9.24
日本AALAのラオス(東アジア首脳会議議長国)要請訪問団に参加
ラオス・ASEAN議長国へ
 「戦争するな!どの国も」国際署名を提出

 2016年9月22日ラオス着で、日本AALAが派遣した「戦争するな!どの国も」国際署名をASEAN議長国ラオスに提出する一行に大阪AALAからも2名が参加しました。
2016.8.15
赤紙配り 一緒に平和な世界を作ろう

 2016年8月15日(月)正午をはさんで1時間、なんば高島屋前で、大阪母親大会連絡会の呼びかけで赤紙配りが実施されました。参加者は100名以上。大阪AALAからも多数参加しました。
2016.8.2-4
原水爆禁止世界大会国際会議参加


 2016年8月2日〜4日、広島で開催された「原水爆禁止2016世界大会―国際会議」に大阪AALAは代表2人を派遣しました。
2016.5.28
大阪AALA
第54回定期総会

 2016年5月28日(土)大阪AALAは第54回定期総会を開催しました。
 議案では、今日、「私たちは歴史の転換点に立っている」として、安倍政権の戦争法廃止・立憲主義回復をめざすたたかい、東アジア共同体をめざす不戦・平和の国際署名、会員拡大などの課題に積極的に取り組もうと提案されました。
 提案された議案、規約改正、役員、諸決議を採択しました。

○2016年の世界情勢(大阪AALA第54回定期総会議案から)

○総会アピール   
○特別決議@    
 沖縄の米軍軍属による日本人女性殺害・遺棄事件に対し、日米両政府に抗議し、辺野古新基地建設の中止と日米地位協定の抜本的見直し、米軍基地撤去を求める決議
○特別決議A    
 非核・非同盟・平和・連帯の輪を大きく拡げる国際署名の成功をめざして

2016.3.9
ちょっとおしゃれな学習会 3・9「たか子の窓」PART1

 2016年3月9日(水)の午後、JR環状線の玉造駅そばの喫茶店を会場に、ちょっとおしゃれな学習会「たか子の窓」PART1が、16人の参加で行われました。
 「たか子の窓」のイベント看板出演者は大阪AALA副理事長の吉瀬孝子さんで、たか子の「夢とロマンを求めてただひたすらに」歩んだ人生のこぼれ話、そして天野六郎さんの「おおさかよもやま話」、西野敏恵さんによる詩の朗読などがあり、気楽な集いとなりました。

2016.2.20
大阪AALAの 「 春をよぶつどい 」
 津軽三味線演奏、ピアノ演奏、みんなで歌い楽しむ


  2月20日(土)の午後、大阪AALAは大阪市中央区で「春をよぶつどい」を開催し、23人が参加しました。
 会員の顔が見えて楽しいひと時に、との趣旨にそって、松村忠臣さんの津軽三味線演奏、ピアニストの正森博子さんによるピアノ演奏、懇談のあと、みんなで歌い楽しいひとときを過ごしました。

2015.9.26
キューバ講演会開催、参加者は300人
重要な意義ももつキューバ・米国の国交回復


 9月26日(土)、大阪AALAは、大阪市内のクレオ大阪東において、54年ぶりに米国と国交を回復したキューバ共和国のマルコス・ロドリゲス駐日大使を迎えて、「アメリカにウンと言わせたすごい国 キューバ講演会」を開催しました。参加者は300人でした。

  講演要旨 大阪AALAニュースNO.512(2015.10.1)掲載

2015.5.30
大阪AALA
第53回定期総会


  2015年5月30日(土)大阪AALAは第53回定期総会を開催しました。
 議案では、安倍政権の戦争立法を阻止するたたかい、東アジア共同体をめざす不戦・平和の国際署名、会員拡大などの課題に積極的に取り組もうと提案されました。
 提案された議案、役員、諸決議を採択しました。

   2015年の世界情勢(大阪AALA第53回定期総会議案から)
2015.5.23-24
日本AALA創立・バンドン会議60周年記念
「平和・協力・繁栄の東アジア共同体をめざす
国際シンポジウムin国連大学」
東アジア共同体実現の展望示す

  5月23・24日、東京において、日本AALA創立・バンドン会議60周年記念「平和・協力・繁栄の東アジア共同体をめざす国際シンポジウムin国連大学」が開催されました。

1日目夜はレセプション
  5月23日(土)午後6時からは、新宿のホテルを会場に、大阪AALA13人を含め100人の参加で歓迎レセプションが行われました。海外の4人を含む6人のパネリストの他、非同盟諸国大使も出席し、なごやかに交流する場となりました。大阪AALAメンバーもパネリストや各国大使と歓談しました。

ASEANの経験は
東アジアでも生かせる

  5月24日(日)国連大学ウ・タント国際会議場で、午前9時30分から午後5時30分まで「国際シンポジウム」が開催されました。渋谷駅から徒歩約10分、青山学院大学のすぐ前にあり、同時通訳設備も完備した会場で、参加者は大阪AALA関係15人を含め350人でした。
  パネリストは、劉成氏・南京大学教授(中国)、アフマド・イブラヒム・アルムタキ氏・ハビビセンターASEAN研究計画責任者(インドネシア)、南基正氏(ナム・キジョン)ソウル大学日本研究所研究部長(韓国)、グエン・バン・フィン氏・ベトナムAALA連帯協力委員会副会長(ベトナム)、緒方靖夫日本共産党副委員長、大西広慶応大学教授の6人で、午前中はパネリスト第1回目発言、午後からは参加者からの質問の紹介とパネリスト回答発言、続いて13人からの会場発言、パネリスト最終発言、コーデネーターまとめということで進められました。

2015.2.18
緊急学習会を開催
東アジアを平和・友好・協力の共同体に


   大阪AALA主催の緊急学習会「東アジアを平和・友好・協力の共同体に」が、2015年2月18日(水)、国労大阪会館で開催されました。講師は日本AALA常任理事、元「赤旗」中南米特派員・外信部長の田中靖宏氏でした。


  田中氏は、まず、今年2015年は日本AALA創立、バンドン会議60周年にあたるとし、バンドン精神と非同盟を基礎にしたアジアの平和秩序を築く重要性を強調しました。

   次に、世界の構造変化が起こっており、「@経済力では世界のGDP予測で中国が1位、BRICS諸国がOECD諸国を抜いた。A経済の相互依存が高まり、お互いの貿易・投資が増大している。B軍事から非軍事の流れが米国や国際世論に。C軍事同盟が衰退し地域共同体が広がり、ナショナリズムからレジョナリズムへ」ということからも戦争できない実態が生まれているのは明らかだとしました。

   そして、いま欧州連合(EU)の発展、米国の支配から脱している中南米の統合と平和の発展、バンドン精神を受け継ぎ体制の違う国が共存するという原則を苦労して確立するために東南アジアで続けられてきた平和と紛争克服の努力(ASEANの発展)からも、東アジア共同体実現の可能性と重要性が大きくなっていると述べました。

  また田中氏は、5月24日に開催される日本AALA主催の国際シンポジウムのパネリストであるマルティ・ナタレガワ前インドネシア外務大臣は、インド洋から太平洋にまたがる世界有数の多民族国家であるインドネシアがASEANの議長国であった2011年に外務大臣をつとめ、「インド太平洋友好協力条約」を提唱した人物でASEANを主導する「大物」の一人であり、大いに期待できる重要なシンポとなるとのことでした。

2015.1.24
巻き返しを許さず、
「慰安婦」問題の早期解決を
「いまなぜ『慰安婦』問題なのか」
学習と交流のつどい開く


   2015年1月24日(土)、「いまなぜ『慰安婦』問題なのか」学習と交流のつどいが、大阪市内において開催されました。
  主催は大阪AALAも参加する日本軍「慰安婦」問題の早期解決をめざす大阪の会≠ナ、よびかけ人を代表してあいさつにたった植田晃子大阪母親大会連絡会委員長は「大阪ではあの橋下市長の暴言、慰安婦あって当たり前という考え方自体が私たちと全くあいいれない中で、慰安婦の問題についてはいろんな角度、層の方が運動を展開してくださって運動がまとまりつつある。学習し次の行動にむけての話し合いをしていこうではありませんか」と訴えました。
  つづいて証言DVD「ハルモニたちの叫び」が上映されました。
講演の講師は、日本共産党政策委員会の小松公生さんで、「吉田証言」をめぐる状況と「慰安婦」問題の本質≠ニ題して、豊富な資料をプロジェクターで映し説明しながら進められました。
  講演後、質問や各地での取り組み、とりわけ「慰安婦」否定派のまきかえしの動きの報告などで意見交換が行われました。
  講演のおおまかな流れを報告します。


(1)「慰安婦」問題がなぜ国政の焦点になってきたか
   右翼メンバーが大多数の第2次安倍政権の発足、安倍首相の靖国参拝で極右勢力を勢いづかせ、2014年2月20日山田宏議員(維新の会)による河野談話見直し要求質問で国会を舞台に河野談話への攻撃が始まった。

(2)河野談話否定論の破綻≠ニ「朝日」の吉田証言取り消し問題
   攻撃は、河野談話が「朝日」の吉田証言を根拠にしている前提にたち、慰安婦にさせられたと証言した人たちの裏付けをとったのか、韓国側とすり合わせて談話を作ったのではないかと「慰安婦」の強制連行はなかったと主張するものであった。しかし政府の「河野談話検証チーム」の結論は、吉田証言を根拠にしたものでないとした。
   そこで「朝日」の吉田証言取り消し報道を契機に「慰安婦」の強制連行はなかったと「慰安婦」否定論の大合唱で攻撃を行った。

(3)「慰安婦」否定論の復活と矛盾
 安倍政権は「朝日」の吉田証言が大もととなって対日批判も慰安婦裁判も行われているとして、「河野談話の継承」をいいながらも、新たな談話を出すことで骨抜きするとの立場をとった。
 しかし、各種証拠が示され「慰安婦」問題否定派の根拠は全く否定されている。

(4)「朝日新聞社第3者委員会」報告が明らかにしたもの

 「吉田証言」と「朝日」報道は世界に影響を与えてはいないこと、日本に対する批判を欧米社会で沸騰させ、米下院決議で賛同議員を急増させた最大の要因は、安倍首相も入った「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」を中心としたメンバーがワシントンポスト紙(2007年6月14日付)に掲載した意見広告であった、と指摘する。

2014.12.8
12月8日、難波で赤紙配り
反戦平和の思いを訴える


 2014年12月8日(月)、難波高島屋前にて恒例の「赤紙配り」(大阪母親連絡会実行委員会)が行われました。
  大阪AALAからも参加しマイクで訴えました。スピーチでは「アセアンの精神(決して武力では解決させないこと)」などを紹介し、反戦平和の思いを訴えました。   
   「私たちは駐在大使などお呼びして学習会を深めています。知りたいことを知って、おかしいなと思ったことを広げましょう。」「二度とだまされません!!」

2014.12.7
中南米、ASEAN、パレスチナを知って
平和の動きをとらえる
近畿ブロック学習講演会


 
12月7日、日本AALA主催の全国縦断学習講演会の近畿ブロックの催しが、京都鴨沂(おうき」会館で開かれました。

幅広く、事実で世界をとらえる


 第1講演「南米革命の現状と平和の共同体」で田中靖宏氏は自身の体験をふまえつつ、さまざまな角度から世界の平和と非同盟の流れを解きました。
  10月にコロンボで開かれたアジア・アフリカ人民連帯機構(AAPSO)第9回大会に日本AALA代表として参加し、日本AALAのASEAN訪問ツアーの記録『知りたかったアセアン』を編集するなかでとらえた、平和への努力と知恵を具体的に指摘しました。
また田中氏は、「赤旗」の中南米特派員と外信部長としての豊富な取材体験を生かして、ラテンアメリカの変革や米国との関係にも触れました。
 濃く盛りだくさんの内容は、60分という制約で、やや消化不良の面もありましたが、世界の変化をとらえる際には幅広く、かつ具体的に見る必要性を印象づけました。


イスラエルのガザ爆撃は侵略戦争でありパレスチナ人の抹殺
 
  第2講演「パレスチナ・イスラエル問題のルーツと真実」で、駐日パレスチナ常駐代表部大使、ワリード・アリ・シアム氏は、映像を活用して、イスラエルのガザ攻撃の実相を暴きました。
  「これはヒロシマではありません」と大使。瓦礫の山と化したガザ中心部。1万7000戸が破壊され、2000人を超えるパレスチナ人が殺された。うち一般市民は約1500人。そのうち516人が子ども。283人が女性。攻撃はイスラム原理主義組織ハマスを標的にしたものでないことは明らか…。イスラエルは多くの学校、病院、モスク、さらに市民が避難した国連施設にも爆撃とミサイル攻撃を加えました。
  これが今年7月8日から8月26日まで続いたイスラエルもガザ攻撃の実相です。
マスコミは「イスラム原理主義武装組織ハマスとイスラエルとの軍事衝突」と描いてきました。アメリカはイスラエルの「自衛」だと主張します。しかし、ガザ問題の事実はイスラエルのガザ占領であり、パレスチナ人の殺害と追放で自国領とすることです。国家の侵略戦争であるという真実を見逃してはなりません。
 ガザは高さ5メートルの壁によって隔離され、300以上の検問所で、パレスチナ人はイスラエル官憲の取り調べを受ける…。ガザは巨大な監獄と化しています。イスラエルは住民の土地を奪い、入植を続けています。

2015年度
大阪AALA第52回定期総会
非同盟運動の前進と世界の平和実現のため
諸国民との連帯を強める

2014.11.9

 2014年11月9日(日)大阪AALAは第52回定期総会を開催しました。
 議案では、昨年度、役員・事務局体制の改善・整備と機関紙発行を重視した編集委員会の確立したことを受けて、新年度は、安倍政権の暴走を許さないたたかい、東アジア共同体をめざす不戦・平和の国際署名、会員拡大などの課題に積極的に取り組もうと提案されました。また運動と組織をより強化するため会計年度と定期総会開催時期の変更、規約の改正、法人格取得の検討も議題とされました。
 総会討論では、「若い世代への引き継ぎ」、「世界を知ると元気が出ると拡大で成果」、「人権問題で国際救援活動にも力を注ごう」、「機関紙の充実をはかる」、「真の日中友好関係を築くために」、「日本軍『慰安婦』問題の取り組み強化」、「沖縄知事選で重要な局面」などの発言が行なわれ、元気の出る総会となりました。
 提案された議案、役員、諸決議を採択しました。役員体制では、新事務局長に和田鈴江さんを選出しました。
 総会恒例の記念講演はジャーナリストの西谷文和さんを講師に、「『イスラム国』の正体を暴いてアラブを見る…『アラブの春』は幻想だったのか」と題して行われました。

 
2014年度
大阪AALA第51回定期総会
半世紀の伝統いかし、さらなる前進を

2013.11.10

  2013年11月10日(日)、大阪市内において大阪AALAの第51回定期総会を開催しました。
 提案された議案、役員、諸決議を採択しました。
 また総会当日、龍谷大学名誉教授の坂井定雄さんを講師に「今アラブで何が起きているのか。私たちに何ができるか」と題して記念講演が行われました。

  
2013.9.28
京都で日本軍「慰安婦」
被害者証言「近畿のつどい」


 
 2013年9月28日(土)、京都市内において、韓国「ナヌムの家」から高齢をおして来日された3名のハルモニを迎えて、 日本軍「慰安婦」被害者証言「近畿のつどい」が開催され、会場いっぱいの300名がつどいました。
 安倍首相の「河野談話」見直し発言、橋下大阪市長の「『慰安婦』制度は必要であった」などの暴言に対し何としても日本で訴えたいと来日され、近畿では、日本軍「慰安婦」問題の早期解決をめざす大阪の会(事務局:大阪AALA)と京都新婦人の会の共催で証言のつどいを実施しました。

2013.7.27
日本AALA
第51回定期大会開く


 2013年7月27・28日(土・日)、日本AALA第51回定期大会が東京都内で開催され、全国から92人が参加しました。
 2日間で30人の代議員・役員が発言しました。

2013.5.25
大阪AALA創立50周年
記念式典とレセプション



 大阪AALA創立50周年は82名のご参加で、盛大に、記念式典とレセプションを実施することができました。
 ご参加いただいた方々に熱くお礼申し上げます。
 まず「みなさんと歩んだ大阪AALA50年」を映像で観ていただきました。
 理事長挨拶の後、日本AALA代表理事・小松崎榮氏と日本共産党書紀局長代行・参議院議員の山下よしき氏から祝辞をいただ
きました。
 そして式典の最後を、丸田恵都子さんのアルパ(パラグアイのハープ)の美しい音色でかぎっていただきました。
 レセプシンでは13名の方々にスピーチをいただきました。


挨拶する澤田理事長
挨拶する澤田理事長

アルパ演奏の丸田恵都子さん
アルパ演奏の丸田恵都子さん

2013.4.8
元モザンビーク解放戦士
パンゲーネさんを迎えて



  日本AALAでは、アフリカ南部の国モザンビークから元解放戦士のアルマンド・パンゲーネさんを迎えて、「歓迎と学習のつどい」を行うこととなり、大阪では4月8日(月)、たかつガーデンで開催されました。通訳兼解説者として高林日本AALA理事が同行されました。前半はパンゲーネ氏からの基本的な説明を受け、後半は質問に答えていただきました。

2013.3.23
情勢学習講演会
「世界の動きと日本の進路」
〜朝鮮・アジアを中心に〜
講師:笠井亮氏(日本共産党衆議院議員)



  大阪AALA主催の情勢学習講演会を、2013年3月23日(土)、大阪市内において開催し、会場いっぱいの55人の方が参加しました。
 講師は、日本共産党衆議院議員の笠井亮氏で、お忙しい日程の中、来阪の上元気のでる講演をしていただきました。
 講演は、「世界の動きと日本の進路〜朝鮮・アジアを中心に〜」と題して、アジアと世界の大きな変化を体験した韓国朴槿恵(パククネ)大統領就任式・青瓦台への招待、89年ぶりに”元あるところに戻った”朝鮮王朝儀軌〜なぜ日本、ならではの役割が発揮できたか、日本軍「慰安婦」・領土問題の解決に向けて歴史に向き合い清算してこそ心通う友好関係に、世界の流れに逆行する日本の政治転換の時〜新しい大変革の時代切り開く活動に誇り、という内容で熱く語っていただきました。

2013.2.25
キューバ駐日特命全権大使夫妻と懇談会

 2013年2月25日(月)、昨年10月に赴任されたマルコス・ロドリゲス大使夫妻を迎えて大阪AALA主催の歓迎夕食懇談会を行いました。
 これは2月27日に、キューバWBC野球チームが京セラドームで阪神タイガースと親善試合をするということで来阪されることとなり、かねてからキューバ大使と交流のあった大阪AALAに「この機会にみなさんとお会いしたい」との声がかかったものです。

2013.2.2
大阪AALA 2013年新春のつどい

 大阪AALAの2013年新春のつどいが、2月2日(土)、大阪市内のレストランを借り切って行われました。
 31名の方に参加していただき、ホトランガさんの馬頭琴の美しく力強い演奏、声量豊かなモンゴル民謡を楽しみ、今年の抱負や、新入会の方々のAALAへの思いなどを約1時間語り合いました。
 レストランでの新春のつどいは初めてですが、食べるものもおいしく、楽しいひと時を過ごしました。


2012.11.11
大阪AALA第50回定期総会
世界の流れの本流として奮闘の決意固める

   大阪AALA第50回定期総会は2012年11月11日(日)午前10時から午後3時まで開催され、活発な討論の後、報告・方針・新役員を選出しました。
  また総会終了後、総会記念講演「第16回非同盟諸国首脳会議に参加して」と題して、小松崎榮日本AALA代表委員を講師に午後5時まで学習しました。

2012.10.20
アジア平和文化交流フェスティバル2012
出演者の熱演と皆さんのご協力で素晴らしい舞台に!
入場420名を超える


 2012年10月20日(土)午後1時30分から、大阪市内において、[アジア平和文化交流フェスティバル2012」を開催し、会場一杯の420人の参加がありました。
 昨年につづく2回目の文化フェスティバルでしたが、馬頭琴とモンゴル民謡、韓国伝統芸能、インド古典舞踊「オリッシイ」、中国楽器アンサンブル、琉球舞踊と華やかで盛りだくさんの内容で素晴らしい舞台となりました。
 ご協力いただいた全てのみなさん、ありがとうございました。

馬頭琴とモンゴル民謡
馬頭琴とモンゴル民謡
出演のホトランガさん、サイハンさん、ナランフさん

韓国伝統芸能
韓国伝統芸能
「呂英華韓国伝統芸術院」のみなさん

インド古典舞踊「オリッシイ」
インド古典舞踊「オリッシイ」
柳田紀美子さん、ザビエル守之助さん

中国楽器アンサンブル
中国楽器アンサンブル
「シャングリラ」のみなさん

琉球舞踊
琉球舞踊
「玉城流扇寿会」上江田キサ琉球舞踊道場のみなさん

出演者のみなさんの勢ぞろい
出演者のみなさんの勢ぞろい

2012.4.22-25
沖縄返還40周年・沖縄AALA50周年連帯・
普天間基地返還・辺野古新基地建設反対

―大阪AALA沖縄連帯・交流ツアー

  2012年4月22日(日)から25日(水)の3泊4日で、大阪AALA主催で、「沖縄返還40周年、全国で最初にできた沖縄AALA50周年、普天間基地撤去・辺野古新基地建設反対連帯・交流ツアー」を行いました。
 大阪AALA副理事長のよしせ孝子さんからツアー報告がよせられましたので紹介します。

2012.2.14
大阪・橋下市長に抗議文送付

憲法違反の職員思想調査をただちに中止せよ

 大阪AALAは、2012年2月14日、橋下大阪市長に対し、「憲法違反の職員思想調査をただちに中止せよ」と抗議文を送りました。

  橋下大阪市長が2012年2月9日「職務命令」「正確な回答でない場合には処分の対象となりえます」とした大阪市職員への「アンケート調査」は、まさに思想調査であり、民主主義を破壊する許せないものです。
 その内容は市職員だけでなく「誘った人」「要請した人」まで問い、組合活動や選挙について市民・府民にもおよぶ思想調査であり、思想・信条の自由をうたう憲法違反であり、監視と密告のファッショ政治、恐怖政治そのものです。


    大阪市長 橋下 徹 殿                 2012年2月14日

           大阪府アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会
                              理事長 沢田 有

    憲法違反の職員思想調査をただちに中止せよ

 貴殿が業務命令で全職員に回答を強制する「職員アンケート」は、職員の思想信条の自由や組合活動の自由、個人のプライバシーを公権力によって蹂躙する重大な犯罪的行為であり、断じて許すことはできない。ただちに調査を中止するとともに、すでに回収した調査票を破棄するよう強く求める。

 貴殿のこのような露骨きわまる憲法違反の思想弾圧は、自公・民主の悪政の行き詰まりをきわめて反動的、ファッショ的に打開することをねらう「独裁政治」と軌を一にするものであることは明らかである。

 人権を何よりも重視し、平和と民主主義を前進させる大きな変化が起きているこの世界で、日本を再びファシズムに逆行させる貴殿の策謀を許すわけにはいかない。
 ここに断固抗蔑し、思想調査の撤回をあらためて求めるものである。
                                           以上


2012.2.4
大阪AALA 2012新春のつどい
講演と演奏を楽しむ


 大阪AALAは2012年2月4日(土)、大阪市内において「2012年新春のつどい」を開催しました。
 第1部は講演で「新段階に入ったアメリカのアジア・太平洋戦略」と題して、坂口明氏(日本共産党赤旗日曜版編集部)を講師に、お話いただきました。
 第2部の最初は、丸田恵都子さんによる、パラグアイのハープ=アルパの演奏で、しっとりとした雰囲気でお聴きしました。
 最後は、ポピュラーシンガー堂迫千草さんとピアノ、コンガによる楽しい歌声と演奏で楽しみました。

  

2011.12.4
大阪AALA第49回定期総会
活発な討論が行われる



    大阪AALA第49回定期総会は2011年12月4日(日)午前10時から午後3時まで開催され、活発な討論の後、報告・方針・新役員を選出しました。
  また総会終了後、総会記念講演「激動の世界経済」と題して、林直道大阪市立大学名誉教授を講師に午後5時過ぎまで学習しました。


2011.10.8
大阪AALA主催
アジア・アフリカ・ラテンアメリカ文化フェスティバル

目にも楽しいプログラムに
多くの方が感動!



 大阪AALAは、2011年10月8日(土)午後1時30分から、大阪市内において、[アジア・アフリカ・ラテンアメリカ文化フェスティバル」を開催し、会場一杯の170人の参加がありました。
 ウイグル舞踊、南米パラグァイのアルパ演奏、ジャワ舞踊、アフリカの太鼓ジェンベ演奏、わらび座東北民謡メドレーと盛りだくさんの内容で、「目にも楽しい内容だった」「また来年もやってほしい」との感想をいただきました。
 ご協力いただいた全てのみなさん、ありがとうございました。


ウイグル舞踊
ウイグル舞踊 ジャミラ・ウライムさんとニジャット・ウメルさん


アルパ演奏
アルパ演奏 丸田恵都子さん


ジャワ舞踊
ジャワ舞踊 佐久間 新、ウイヤンタリ夫妻


ジェンベ演奏
ジェンベ演奏 音楽畑の太鼓仲間


東北民謡メドレー わらび座
東北民謡メドレー わらび座 岡村雄三さん


2011.7.16
大阪AALA主催講演会
北アフリカ・アラブ地域の政変
〜エジプトを中心に〜



  大阪AALAは2011年7月16日(土)、大阪市内において、「北アフリカ・アラブ地域の政変…エジプトを中心に…」講演会を開催しました。
 講師は、龍谷大学名誉教授の坂井定雄先生で、元共同通信の中東駐在の記者であった経験などをもとに非常にわかりやすく講演をしていただきました。

 2011年1月25日のカイロ中心部のタハリール(解放)広場での民主化要求デモで全国に広がったエジプト「1月25日革命」の背景には、非常事態令による圧制への怒り、多数の国民の貧困化を拡大させた米国主導のグローバリゼーションへの怒り、独裁政権の腐敗構造・格差拡大、深刻な就職難などがあることをあげ、革命の発生と進行、軍の果たした役割、中東諸国への波及、パレスチナへの励まし、米中東政策への大きな打撃について詳しくお話しいただきました。

 

2011.7.1-2
情勢にふさわしいAALAの組織確立と運動の発展を決意し
日本AALA第50回定期大会終わる

 2011年7月1・2日(金・土)、日本AALA第50回定期大会が東京都内で開催され、全国から105人が参加しました。大阪からは9人の代議員が参加しました。
 2日間で32人の代議員・役員が発言しました。

 エジプト・アラブ共和国、南アフリカ共和国、ベネズエラ共和国の各大使、パレスチナ常駐総代表部一等書記官、日本共産党から挨拶がありました。

 さらに大会で「人類と地球を守るため、核兵器廃絶と共に、原子力発電からの撤退を国際的運動に」の特別決議が採択されました。


2011.5.11
日本軍「慰安婦」問題
早期解決へのとりくみ前進で決意
大阪のつどい開催


 2011年5月11日(水)、大阪市内において、日本軍「慰安婦」問題の早期解決をめざす大阪のつどいが開催されました。

 つどいは、大阪AALA作成による映像とナレーションで、日本軍「慰安婦」問題の起こりとこれまでのとりくみを振り返り、シャンソン”祖国と友だち『慰安婦』の唱”につづいて、中国人「慰安婦」訴訟の弁護団長の大森典子弁護士から「日本軍『慰安婦』問題とは、これからどうとりくむか」の講演を受けました。

 さらに意見交換をつうじて日本軍「慰安婦」問題とはどのようなことなのかその歴史をふりかえり、早期解決へのとりくみを前進させる決意のつどいとなりました。
 つどいの主催は大阪AALAも参加する「日本軍『慰安婦』問題の早期解決をめざす大阪の会でした。

  

2011.3.16
大阪AALAが街頭募金
理事会前に震災緊急募金活動


 
 大阪AALAは2011年3月16日、4人でしたが、みぞれや雪が降り手が凍える大阪上六・近鉄百貨店前で、東日本大震災への緊急募金活動を行いました。
 人通りは少なかったですが「被災地は雪、寒い中頑張っておられます。私たちにいまできるのは救援カンパしかありません」と訴え、1時間で4万2000円を超える募金が集まりました。
 20代のぶっきらぼうな若者が、財布を出し千円にしようか1万円にしようか迷いながら1万円を入れてくれました。また年配の方でどんな活動をしているのですか、案内がほしいと名刺を渡していかれましたのですぐに送りました。(事務局長:吉田)


2011.3.9
大阪AALA学習会開く
米国主導のTPPと「日米同盟」経済
薄木正治さんが講演



 大阪AALAは2011年3月9日(水)、大阪市内においてTPP問題の学習会を行いました。
 講師は東京から薄木正治さん(日本共産党吉井英勝衆議院議員秘書)をお招きして、”米国主導のTPPと「日米同盟」経済”と題して講演していただきました。
 「東アジア共同体」でアジアの人々とともに発展する道を歩むのか、米日多国籍企業のためのアメリカ主導型経済の道を歩むのか、大きく後者に舵を切るTPPの本質がよくわかりました。

 

2011.1.22
大阪AALA  新春のつどい

学習(沖縄から見える日米安保)
・演奏・手品



 名護市長選挙(12日間)・沖縄知事選挙(3週間)に参加した植田保二副理事長から「沖縄から見える日米安保」と題して、選挙戦の写真も映し、話してもらいました。
 懇親会では、おなじみ会員で80才になられたばかりの一法真澄(ハシノリ・シンショウ)さんの力強いサックスを中心とした演奏、最後には踊られる方々も。
 そして東大阪市職員のマジッククラブ「ドリーム」の手品を楽しみました。
 最後に昨年入会された新会員の方々を紹介しました。

 

2010.11.14
大阪AALA第48回定期総会開く
世界の流れに確信を持ち
AALA運動の前進を確認



  2010年11月14日(日)、大阪市内において大阪AALAの第48回定期総会を開催しました。
 提案された議案(修正補強意見取り入れ)、役員、諸決議、総会宣言を採択しました。
 また総会当日、日本共産党国際局の尾崎芙紀さんを講師に「中東問題のいま」と題して記念講演が行われました。



2010.10.30
バンドン会議55周年、日本AALA創立55周年
記念講演会開催される 於:東京


日本共産党社会科学研究所所長
不破哲三さんが語る
「世界史の中で21世紀を考える」



 2010年10月30日(土)午後1時から日本AALA主催のバンドン会議55周年・日本AALA創立55周年記念講演会が東京で開催され、全国から1000人が参加しました。大阪からも台風が近づく悪天候でしたが多数参加しました。
 日本共産党社会科学研究所所長の不破哲三さんが、「世界史の中で21世紀を考える」と題して、スケールの大きな話をしました。
 22ヵ国・24人の非同盟国駐日大使・外交官が参加しました。

  −異なる体制と文明の共存の時代へ−
  「世界史の中で21世紀を考える」
   不破哲三社会科学研究所所長の講演からのHPへ


 

2010.9.25
大阪AALAのアフリカ問題学習会開く

アフリカのいま
−「平和の共同体」への展望

高林敏之氏が講演

(日本AALA常任理事、西サハラ問題研究室主宰)


 大阪AALAは2010年9月25日(土)、午後1時半から4時半すぎまで、大阪市内において、アフリカ問題学習講演会を行い、30人が参加しました。
 東京から来ていただいたアフリカ問題の専門家である高林敏之氏(日本AALA常任理事、西サハラ問題研究室主宰、早稲田大学理工学術院非常勤講師)を講師に、広大で多様なアフリカ大陸の今について、地域統合への努力の経過と「平和の共同体」への展望をお聞きしました。

 

2010.8.2-4
2010原水爆禁止世界大会
国際会議に参加



   2010年8月2〜4日、広島で開催されrた2010原水爆委禁止世界大会国際会議に、大阪AALAから小松靖昌常任理事が参加しました。
 小松常任理事は、国際会議に参加して、核兵器廃絶は「現実的目標」と確信を持ち、未来を担う若者の力強さに鼓舞された、核兵器の廃絶と核の傘からの離脱は緊急課題だと報告しています。

 

2010.7.17
スリランカ
スリランカの在フィリピン大使の
ベネット・クレーさんと
大阪AALAが懇談



  冨士ツーリストの西山氏から、クレーさんと厚生副大臣のマヒンダ・アマラティーヤさん、クレーさんの弟で観光業をしておられるランジット・クレーさんが大阪に来られるとの連絡を受けました。

 ベネット・クレーさんとは2003年に大阪へこられたとき懇談し、そして2004年2月大阪AALA40周年記念行事としてスリランカ訪問を計画したとき、スリランカの平和運動の中心であったベネット・クレーさん、通訳としてランジット・クレーさんにお世話になりました。

 こうした経過もあり、急でしたが、懇談会を実施することにいたしました。

 9名が参加し、富士ツーリストの西山氏、愛知平和委員会の西本氏と共に14名での懇談となりました。大阪城がすぐ近くに見える会場で懇談しました。

 

2010.6.19
アフリカの年から50年
サバンナの風・大地の香り

マサイの戦士が語るトーク&ライブ
320人が参加


 2010年6月19日(土)、大阪AALA、ケニアスタデイツアー友の会、(株)冨士ツーリスト、(株)たびせん・つなぐの共催により、「サバンナの風・大地の香り、マサイの戦士が語るトーク&ライブ」が大阪市内で開催され、320人が参加しました。おしゃれをした若い女性も多くにぎやかな会場風景でした。

 司会は、ケニア在住で、スラム・キベラで貧困児童の寺子屋を運営しているライターの早川千晶さん。

 澤田大阪AALA理事長が「アフリカは人類発生の地、ここから文化が生まれ世界中に運ばれた」と挨拶。

 マサイ族のジャクソンさんと第2夫人永松真紀さんのトーク、沖縄在住の近藤ヒロミさんによるケニアの楽器・親指ピアノの演奏と多彩な内容でした。

 

2010.5.16
沖縄は燃えています
―普天間基地包囲行動に参加してー

吉瀬孝子(大阪AALA副理事長)


  2010年5月16日(日)、沖縄県の米海兵隊普天間基地撤去と「県内移設」反対を求める「5.16普天間基地包囲行動」が行われ、県内外から17,000人が参加し、基地外周約13kmを囲みました。
 大雨警報の出る土砂降りの雨の中の行動でしたが、参加した吉瀬大阪AALA副理事長から熱い報告が寄せられました。

  

2010.5.3
九条の会・おおさか、憲法記念日のつどい

世界に響け、九条の心

「世界・日本の大きな変化と憲法9条」

新藤通弘氏(日本AALA常任理事)が講演


 2010年5月3日(月・祝)、大阪市内で「九条の会・おおさか」が主催する憲法記念日のつどいが開催され、会場一杯の1,000人が参加しました。
 青年企画〜映像と歌によるピースメッセージ〜では、ニューヨークNPT再検討会議にむけた国際行動の最新レポートを映像で紹介するとともに、ラップで平和を歌いました。

 講演は、日本AALA常任理事で城西大学兼任講師の新藤通弘さんが、舞台正面の大きなスクリーンにパワーポイントを使って、「世界・日本の大きな変化と憲法9条」と題して、米国からの自立をはかる中南米諸国のたたかいをわかりやすく説明しました。

 

2010.4.24
バンドン会議55周年学習のつどい
インドネシア舞踊と記念講演行う


 2010年4月24日(土)、大阪市内において、バンドン会議55周年学習のつどいを行いました。
 「非同盟運動とAALAのあゆみ」のDVD上映、佐久間新・ウィヤンタリご夫妻によるインドネシア舞踊、澤田大阪AALA理事長を講師とした講演「いま世界の流れは、非核・非同盟」・・・バンドン会議55周年に学ぶ・・・という内容でした。

  

2010.3.21-22
大阪社会フォーラム
900名を超える参加



 2010年3月21日(日)北区民ホールで全体会、3月22日(月・祝)エルおおさかで20以上の会場でワークショップが行われ、はじめてのとりくみでしたが、外国のゲスト、幅広い人々の参加で様々な課題での話し合いがもたれました。

 大阪AALAも「女性の人権」「戦争のない社会」の2つのワークショップを行いました。
 全体会のバックも大阪AALAで制作しました。


2010.3.15
キューバ大使公邸で
キューバ女性ガイダンスと夕食会


 昨年(2009年)10月「キューバ映画と講演のつどい」のレセプションの際に、キューバ大使婦人から公邸への招待があり、それが3月15日実現することとなり、大阪AALAから四ッ谷副理事長をはじめ6名が参加しました。
 夕食会前の1時間半、タニヤ・ドミンゲス大使婦人から、キューバやキューバの女性に関するガイダンスがあり、パワーポイントを使って詳しく説明を受けました。
 6時半からの夕食会は、ホセ・フェルナンデス・デ・コシーオ大使による日本AALAとキューバとの末永い友好と連帯を祝しての乾杯ではじまり、おいしいキューバ料理をいただきながら、キューバの実情や国際連帯の重要性に話がはずみました。


2010.3.13
韓国併合100年を考える講演会


 2010年3月13日(土)、大阪市内において「韓国併合100年を考える講演会」を開催し、50名が参加しました。
 講師の中塚明先生から「韓国併合 その歴史を学ぶ」・・・北東アジアの平和に向けて・・と題して講演をしていただきました。

 

2010.2.24
二つの旅報告会
パレスチナ見たまま、キューバ見たまま



 2010年2月24日(水)、大阪市内において、イスラエルによるガザ地区攻撃開始から1年がたつ昨年末の12月27日、「ガザで、平和行進−ガザ・フリーダム・マーチをやろう」という呼びかけにこたえて日本から13名が参加(大阪AALAの会員3名が参加)し、パレスチナノ現状を報告していただきました。

 また2010年2月6〜15日の10日間、キューバツアーに大阪AALAから会員7名が参加しました。キューバの最新情報が報告されました。

 

2010.2.6-15
キューバツアー
日本国憲法25条が生きる国キューバ


 2010年2月6日(土)から15日(日)の10日間、憲法を行政に生かす大阪の会と大阪AALAとの共同企画行事としてキューバツアーが取り組まれ、全体で19名が参加しました。
 参加者からは、日本国憲法25条が生きる国だ、との感想が出されています。

 

2010.1.30
2010年の決意、新春のつどい
普天間問題を学習
沖縄の唄とおどりを楽しむ


 2010年1月30日(土)、大阪AALA新春のつどいが大阪市内で行われました。
 学習は、「普天間問題が提起する日米安保と沖縄」と題し、嘉手納基地訴訟を担当されている西晃弁護士にお話いただきました。
 そのあと大正区をベースに活動されている「うるま民謡グループ」 による沖縄の唄とおどりを楽しみました。

 
                                                    

TOPに戻る  BACKイベント・お知らせ HOME NEXT取り組み・報告